外交、領土問題

・国連に代わる新しい国連のようなものを創設する

日本が国連に入れないのなら、
国連に代わる新しい組織を作ればいい。

それは完全民主的な組織で、
いわゆる常任理事国は、
数年に一度、参加国、地域の選挙によって、
決める事ができる。
こっちの方が民主的で公平だ。

日本は国際連合に加盟しつつ、
新たな国連のようなものを設立して、
国際連合と共存させて、
最終的には、
国際連合の機能を全て、
新たな国連のようなものに移行させればよい。

新たに設立した国連のようなものが
本当に良いものであれば、
可能であるはずだ。

今の国連、新しい国連のようなもの、
どちらか悪い方が淘汰されて行くだろう。

現状の国際連合に執着しているのは、
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5カ国のみで、
他の200近い国、地域は、
国際連合が真に民主的になり、変わる事を望んているはずだ。

その不平等性が是正されるべきと思っているはずだ。

新たな国連のようなものを創設して、
200近い国や地域が賛同すれば、
もはや国際連合は単なる5カ国会議でしかない。
いくら常任理事国の五カ国が力を持っていても、
戦争をおっぱじめようなんて思わないはずだ。

そこまでくれば、
常任理事国側も折れて、
選挙で常任理事国を選ぶ事を受け入れるかもしれないし、
そうなれば、
新たな国連のようなものを作らずに、
国際連合として、まとまればいい。

いずれにしても、
世界が混沌としているのは、
不平等で不均衡な国際連合に
一因があると俺は思う。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system