外交、領土問題

・対中国包囲網を形成する

中国は
日本の領土である尖閣諸島の領有権を主張している。

中国は日本だけでなく、
たくさんの国と領土問題で揉めている。

二国間でやり取りをしても、
現状、中国は聞く耳を持たないので、
多国間で中国の覇権主義を牽制した方がいい。

多国間でまとまれば、
中国も迂闊に強気な態度は取れない。

中国と領土問題でもめている、
インド、
パキスタン、
台湾、
ベトナム、
フィリピン、
マレーシア、
ブルネイなどと連携して、
中国のアジア覇権主義を牽制すべきだ。

チベットや東トルキスタン、内モンゴルなどとの連携も、
検討すべきだ。

中国の狙いとしては、
エネルギー資源、水産業を含む海洋資源の確保。
アジアにおける中国の存在感の誇示。
東アジア、東南アジア付近の海域を中国の影響下に置くため。
って、感じなのかな。

中国の領土問題

尖閣諸島
現在、日本が実効支配中。
中華人民共和国、中華民国(台湾)が領有権を主張している。
ただし、
日本政府は「尖閣諸島において領有権問題は存在しない」との態度を示している。

スプラトリー諸島(南沙諸島)は、

中華人民共和国、
中華民国(台湾)、
ベトナム、
フィリピン、
マレーシア、
ブルネイが領有権を主張している。

パラセル諸島(西沙諸島)は、

中華人民共和国が実効支配中。
中華民国、ベトナムが領有を主張。

アクサイチンは、

現在、中華人民共和国が実効支配中。
インドが領有権を主張している。

アルナーチャル・プラデーシュ州は、

現在、インドが実効支配中。
中国が領有権を主張している。

カシミールは、

インドとパキスタン、中華人民共和国が領有権を主張。
特にインドとパキスタンは激しく対立し、
武力衝突に発展したこともある(印パ戦争)。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system