外交、領土問題

・東シナ海ガス田で日本単独採掘をする

東シナ海ガス田において、
中国が天然ガスを採掘しています。

中国の採掘地点が日本の領海に近いもんだから、
日本側に埋蔵されている天然ガスが、
中国に吸い上げられてしまうのではないかとの
懸念があり、
日本は中国に採掘を止めるように抗議してきましたが、
中国は止めません。

それなら、
中国に日本の天然ガスを吸い上げられてしまうくらいなら、
いっその事、
中国に全ての天然ガスを吸い上げられる前に、
日本が独自で採掘して吸い上げた方がマシです。

中国が強行している以上、これしかありません。

日本は世界に調停してもらおうと、
中国に打診しているのに、
中国はそれを拒否しています。

東シナ海ガス田を含めて、
尖閣諸島周辺は、
イラクの油田に匹敵する程の埋蔵量を秘めている、
海底油田とも言われています。

イラクは世界第2の産油国。
原油の推定埋蔵量は1125億バレル。

尖閣諸島周辺海域の原油推定埋蔵量は、

日本側調査1095億バレル (1969年、70年の調査)

中国側調査700億~1600億バレル(1980年代初め推計)

かなり前から、
尖閣諸島の海底油田は注目されていたようですが、
それゆえに、
外交上、
デリケートに扱ってきたようで、
先延ばしにしたツケが今、まわってきたようです。

中国はその頃から、
虎視眈眈と調査をして、
この時を待っていたかのようです。

それに対して、
日本はほとんど何もしてきませんでした。

独立国としては、
あまりにお粗末過ぎますが、
今さら言っても仕方がありません。

とにかく、
現状、
日本が抗議しても中国は採掘を止めてくれません。

何も手が無く、
泣き寝入りするくらいなら、
中国よりも多くの天然ガスを採掘した方が、
まだマシです。

だから、
日本も独自でたくさん採掘して、
天然ガスを大量生産するべきです。

場所は、
日本主張の領海線内ギリギリのところに作ります。

そこは、
中国が主張する領海線内に入っているので、
おそらく中国は抗議してくるでしょう。

そうなれば、
国際的な問題に発展させる事ができ、
中国も世界の調停を受け入れるかもしれません。

そうなれば、
しめたもんです。

そういうアクションを起こしていかないと、
日本の国益確保はおろか、事態が進展すらしない。

日本も中国みたく、
東シナ海ガス田において、
勝手に天然ガス開発をするべきだ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system