外交、領土問題

・思いやり予算を完全に廃止する

思いやり予算とは?
日米地位協定で
アメリカ側が負担する事が明記されているにもかかわらず、
日本側が負担している米軍基地の駐留経費の事である。

法的根拠のない支出であり、
その点を問い質された金丸信防衛庁長官(当時)が、
「思いやりが根拠だ」と言ったことから、
「思いやり予算」と呼ばれる。

2004年度の思いやり予算は2441億円。
2004年までの累計は4兆円近くに上る。
日本人の税金で、米軍基地の土地代は払われている。

悪名高い「日米地位協定」でも、
第24条において
米軍駐留経費については「割り勘」が明記されていて、
本来、日本の経費負担率は6割程度であった。

ところが現在、
実際のところ、
基地従業員の給与、
諸手当はもとより、
基地施設や
米軍兵士の家族住宅の建設費、電気・ガス代・水道料、
さらには砲撃訓練のため沖縄から北海道に移動する
海兵隊のチャーター機代まで、
全て日本が国民の税金で負担している。

今やアメリカが自国民の税金で賄っているのは
兵士の基本給くらいのもので、
経費負担率は
米軍側の試算でもアメリカ1に対して日本は55だという。

しかも詳細を見ると、さらに唖然である。

従業員にはボウリング場やゴルフ場の管理人、
ダイエット食のコック、
靴磨き、スロットマシン修理工、
ドライクリーニング検査員、
ドライクリーニングマネージャーと、
ドライクリーニング監督、
果てはネイリスト、
レクリエーション専門職なんてものまで含まれている。

むろん、彼らは軍人ではない。
その勤務実態さえ確認できない者もいるのだ。

「思いやり予算」によって米軍基地内は、
リトルアメリカが建設されている。

兵隊の家族住宅はもちろん、
託児所から高等学校までの教育施設、
病院、診療所、消防所、郵便局、図書館…
スーパー、コンビニ、ファストフード、レストラン、銀行…
さらに
劇場、
映画館、
美容院、
エアロビクススタジオ、
ディスコ、
ナイトクラブ、
ビリヤード場、
果ては、
アル中患者の訓練施設まで作っている。

それでいて、
日本人従業員のための施設は、休憩所一つない。

基地内の居心地の良さに
米兵は家族を米国から呼び寄せているくらいで、
沖縄の米兵総数は減っているのに、
米兵家族を中心に、米軍基地内の人口は増えている。

住宅は、リビングルームで、
50人のミーテイングを開けるものもあるほど超豪華。
売店の人件費も光熱費もタダだから、物価は基地外の半値以下。

「Yナンバー」の自動車税は日本国民の5分の1、
高速道路料金はタダで、負担額は沖縄だけでも、年間13億円近く。

電気・ガス・水道代も使い放題で、
年間300億円以上、消費している。

換算すると米兵1人当たりの消費量は、
自衛隊員6~7人分になるという。

米兵の家族は住宅でも
クーラーを24時間動かしてそのまま外出するのだ。

日本は米軍の「天国」である。

自衛隊将官の定年年齢を繰り上げて退職金を流用してまで
「思いやり予算」を捻出した国など、他にないのだ。

「思いやり予算」には、
さらにこの上、軍事施設の建設費が加わる。

現在、
米軍横須賀基地では75億円かけて、
2008年(平成20年)に退役が決まっている
原子力空母「キティホーク」くらいしか使わない
巨大埠頭を建設している。

もし辺野古にヘリポートが建設されることになれば、
3300億円と言われる建設費も全額、日本負担だ。

これらの経費は、
日米地位協定24条に、
米国側が負担すると明記されているにもかかわらず、
日本が負担している。

日本は気が狂っているとしか思えない。

法的根拠のないこれらの負担を、
「思いやり予算」と呼び、
2004年(平成16年)度の負担額は2441億円。
これまでの累計は4兆円近い。

俺は陸上自衛隊に居たから身に沁みる程わかるが
米軍と比べると比較にならないほど
自衛隊は切り詰めて逼迫しているゾ!

ちなみに我が神奈川県は沖縄県の34施設に次ぐ、
14施設を有しています。

在日米軍は日本の防衛というよりも、
アメリカの世界戦略の一端として
日本を利用している面の方が強い。

そのアメリカの世界戦略に加担する必要性が日本にあるのか?

思いやり予算は
即座に廃止して、
今まで払っていた思いやり予算もアメリカに請求させる。

今、現在も
アメリカ軍が日本で贅沢するために、
日本が自主的に、
いわゆる、
思いやり予算として
2000億円くらいの金額を
何十年にもわたって献上しているけど、
そんなもんは、
即日、廃止や。

なんで、そんなもん払う必要がある。

頭に来るわ。

こちとら、
沖縄やらで、
殺人事件、強姦事件が起こっとんねん。
こっちの方こそ思いやってほしいわ。

思いやり予算の数千億円を
他で、使うべきだしね。
(参考資料:ゴーマニズム宣言)





(以下、平成24年9月25日放送のカスペ!なかよしテレビSPより)
番組内で、
森永卓郎さんが言ってたが、
米軍駐留経費(思いやり予算を含めて)は、
日本を除く他の26同盟国の合計よりも日本単独の方が多い。との事。

詳しくは、マガジン9『森永卓郎の戦争と平和講座』参照

ページ上に戻る

inserted by FC2 system