外交、領土問題

・アメリカにウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)を施す

・アメリカに原爆投下、無差別大空襲の十字架を背負わせる

俺はさ、
過去の事で
グダグダ言って
蒸し返したい性分でもないし、
その事で
アメリカを
徹底的に糾弾してやろうとも思わない。

ただ、
歴史は正しく教えるべきである。

アメリカの学校でどう教えているのか知らんが、
アメリカは
唯一の核兵器を使用した国であり、
しかも、
軍人ではなく、
民間人を対象に
核兵器を使った国だという事をちゃんと教えているのであろうか。

また、
原爆投下以前に、
日本本土の各都市を無差別大空襲をして
焼け野原にした事を正しく教えているのであろうか。

それもまた、
軍人ではなく、民間人を対象としている。

しかも、
日本の家屋は木造で、
日本の家屋が燃えやすい焼夷弾をわざわざ開発して、だ。

こいつらのせいで、
日本の文化遺産である、
名古屋城、
岡山城、
和歌山城、
大垣城、
広島城、
首里城
などの城とかさ、焼失、破壊されてんだよ。

そのくせ、
京都とかは文化的に重要な場所なので、
避けました的なツラしやがってよ、
都合がいんだよ、このやろう。
結果的に、たまたま残っただけじゃないか、このやろう。
それをさも、あえて避けました的に利用すんじゃない。
オレは騙されないぞ、バカヤロー。

はっきり言って、
これらの事は、本来、蒸し返してもいい話ではあるが、
どこかの国みたいに今さら蒸し返すのも、野暮だなというのは、ある。

そう思いはするものの、

アメリカは日本に対して、
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)
という政策を行っており、
戦争について日本人に罪悪感を負わせており、

かつ、

その一方で、
アメリカは未だに戦争を行っているので、

逆に、
アメリカに対して、
日本がWGIPを行わせて、
世界でアメリカが戦争を行わないようにさせたい。

WGIPとは、
敗戦後に、
GHQが行った、
日本人に罪悪感を負わせ、
自虐史観にさせる、日本占領管理政策である。

ま、
日本は、
アメリカに対して、占領政策ってわけにはいかないから、
戦争を根絶するために、
原爆投下、無差別大空襲の怖さを、
アメリカを中心に、世界に伝える。

アメリカでは、
日本は原爆を落とされて当然だったとか、
早期終戦のためには、
原爆を落とさざるを得なかったみたいな見解があるが、
それはおかしい。

そもそも、
原爆を落とさずとも、
アメリカを中心とする連合軍は、
原爆を落とさずとも
勝利を確信していたし、
あえて、
原爆を落とした背景には、
原爆の実験を兼ねた、
ソ連等、他国に対する軍事力の見せつけに他ならない。

戦争で原爆を使うなんて卑怯だなんて事は
言わないけども、
戦争する際において、
民間人は殺してはいけません的なルールを順守しながら、
戦争しているわけなんだからさ。

勝ち戦なんだしさ、
そういうのは守ろうよ。

原爆投下するならさ、
広島や長崎の街中に落とさなくてもさ、
戦艦とかに向けて、
海上で原爆投下する事だって出来たわけじゃん。

威力を見せ付けるというかさ。

人間や都市にに対しての、
原爆投下の実験をしたかったとしてか思えない。

非人道的過ぎる。

そういったモラルをちゃんとしなきゃさ、
ただクズだろ。

一応、戦争のルール的なもんがあるんだからさ、
広島、長崎への原爆投下は
明らかにそのルールに違反している。

また、
そういう意味では、
日本本土の都市への
無差別大空襲も
違反している。

戦争は勝ったけど、
そういう違反をして勝ったんだという事を自覚するべきだ。

そのくせ、
日本に対しては、
罪悪感を植え付けやがって、ふざけんな!だよ。

そういう風に、
日本に対して、ガーっとやってくるんなら、
こっちだって、言わせてもらうぜ。ですよ。

それで、アメリカが戦争に対して、罪悪感を持ってもらってさ、
世界から戦争が無くなって、平和になったら、いいじゃん。

でも、アメリカが丸くなったら、新たなのが出てきちゃうだろうけど、
そうしたら、また丸くさせればいい。つうか、させるしかない。

そう言えば、
ロシアに対しても、
日ソ中立条約違反やシベリア抑留に対しても、言いたいわな。
言いだしたらきりがないな、中国にしても朝鮮にしてもだし。

日本人のアホどもよ、
ハリウッドやら何やら、アメリカかぶれになりおって。

朝鮮批判もするべきだけど、
それよりも、せなアカンのはアメリカやで。


追記


以下

皇紀2674年(西暦2014年)10月27日放送の未来世紀ジパング より参考




よくよく考えたら、
アメリカの非道ってのは、
日本だけじゃないんだよな。

中東への介入だってそうだし、
ラオスじゃ
未だにアメリカの2億発の爆撃(クラスター弾)のせいで
不発弾が8000万発も埋まっていて、
そのせいで、
現地の人が犠牲になっている。



腹が立つ。

皇紀2620年(西暦1960年)から始まったベトナム戦争の際に、
北ベトナムと南ベトナムをつなぐ物資の補給ルート(ホーチミン・ルート)が
アメリカ軍に見つからないようにと、
ラオスとベトナムの国境地帯にできた。


アメリカ軍は
ホーチミン・ルートを徹底的に破壊しようと、
空爆を繰り返した。

その結果、
2億発のクラスター爆弾がラオスに落とされた。
(クラスター弾の内部に詰まっている小爆弾が2億発)



その内、8000万発が不発弾として、まだラオスに残ったまま。

ラオスで
NPO法人の日本地雷処理を支援する会(JMAS)が
不発弾処理を行っているが、
本来、これ、アメリカが、やらなアカンことじゃん。

戦闘機作るとか中東に空爆とかやれるんなら、まずこっちからじゃん。

戦争やるだけやって、垂れ流しのほったらかしで、また戦争。

何をやっとるんだね君は。

ケツを拭かんかい。

対処せんかい。

責任とらんかい。

ほんとアメリカは悪魔の国だわ。

そう考えると日本は、賠償し過ぎ。責任の取り過ぎだぜ。

アメリカに対して、
WGIPを施して、
世界の平和のためにアメリカをまともな国にする必要があるし、
少なくともこれ以上、
他の国の人が犠牲にならないようにしないといけない。

外交上、アメリカと付き合っていかないといけないわけだけど、
あまりふざけてっと、俺は噛み付くよ。玉砕覚悟でもね。

アメリカが愚行を繰り返せば繰り返すほど、
アメリカを恨む人が増えて行くという負のサイクル。

どこかで止めて、清算しないといけない。

それはアメリカのためでもある。

もっとも負のサイクルが続いた方が都合がいい連中も居るんだろうから、
そう考えると意図した負のサイクルと見てもいいのかもしれない。



ページ上に戻る

inserted by FC2 system