医療、社会保障

  ・全国共通統一電子カルテを導入する

一応、電子カルテ今でもあるにはあるが、
既存のそんな電子カルテとは一線を画すものです。

俺が考えている全国共通統一電子カルテなるものは、
日本全国どこの病院で診察しても、
同じカルテを
医者が見ることができる電子カルテの事。

患者もネット上で見る事ができるようにします。
生まれてから死ぬまでの診察の記録が電子カルテの中に入ってるわけです。

で、
日本で医院を開くには、
全国共通統一電子カルテを導入しなければいけないようにします。

例えば
現状だと、
小さい頃からの
かかりつけの医院があっても
引越ししたら、
最初からカルテを作らなければいけませんし、
何より、
以前のデータがわからなくなってしまいます。

電子カルテを導入している病院は割とありますが、
規格がバラバラで、
他の病院間での連動性が全くないです。

それでは電子カルテの良さを活かす事ができません。

わざわざ電子カルテにする意味があんま、ないです。

日本全国で統一した規格の連動性、互換性がある、
電子カルテにする必要が絶対にあります。

全国共通統一電子カルテだと、
産まれてから
死ぬまで、
どこの医院に通ってもデータが引き継ぎされますので、
より詳細な診察、診療、診断が出来ます。

もちろん、
プライバシーで他の医者には見せたくないとかであれば、
拒否する事が出来るように設定して、
部分的に見せる事も出来るようにすればいいです。

その際は、
一応、何かトラブルがあった時のため用に、
医師や病院側には情報を開示しませんでした。という履歴を残せるようにする。

自分のカルテやレントゲン写真、
人間ドック等の数値のデータを、
自分で自由に好きな時に見る事だって可能です。

これをするには
カルテを電子化して、
インターネットで見れるようにすれば、
導入経費も安く済みます。

インターネットが普及した今、
やろうと思えば可能なのだから、絶対に全国統一電子カルテも普及すべきです。

出張先とかで
急に病院に行かなければいけない時にも、
それが使えますし、
そのあと、
地元の病院で見てもらう場合も、
引継ぎのデータを残しておくことができるのです。

他の医師が全国共通統一電子カルテを見ますから、
下手な診断はできなくなります。

セカンドオピニオン効果も自然と発生しますし、
他の医師の診断等を偶然垣間見えて、
勉強にもなります。

この患者さん、
薬、もらい過ぎだ、飲み過ぎだとか、すぐわかりますし、
飲み合わせとかも、
こちらが申告しなくても、医師は知ることが出来ます。
薬の大量処方や残薬問題などに対しても自然と機能する役割も担うでしょう。

国民総背番号制の番号がそのまま、
全国共通統一電子カルテの番号になっているので、
自分の番号を言うだけでOKです。

保険証なんて要りません。

全国共通統一電子カルテさえ見れば、
保険証に加入してるかどうか、すぐにわかるからです。

また、
全国共通統一電子カルテを導入する事によって、
患者にとって便利になるだけでなく、
全国の病院、医院にそういった機材を導入させる事によって、
インフラ導入としての景気も上がります。

全国に大量導入するので安価にもなります。

損するとすれば、
現状の利権を維持させたい病院関係者でしょう。

電子カルテにする事でのセキュリティの問題もあるでしょうが、
今の紙のカルテだって、
そういった問題が無いわけではありませんし、
むしろ紙のカルテであるが故に、
病院関係者であれば、
カルテが見やすい状況であるとも言えます。

ま、そんな不確実性の心配をしててもしょうがないですが、
絶対に全国共通統一電子カルテは導入すべきです。

全国共通統一電子カルテそのものが、
その人の歴史というか、自伝的なものとなります。

俺も今まで色々と病院に通いましたけど、
自分のカルテをじっくり見た事もないですし、
カルテがバラバラになっていて、
もったいないなと思っています。

カルテがバラバラなままだと、
なんにもなりませんが、
それが一つに統一されれば、
自分にとって非常に貴重なデータとなります。

人にとってはどうでもいいデータかもしれませんが、
自分にとっては貴重なデータ、財産になります。

だから、
そうなってないって現状は、実にもったいない。
つうか、非常に悔しい。

なので、
絶対に全国共通統一電子カルテを導入したい!

ページ上に戻る

inserted by FC2 system