医療、社会保障

 ・患者や家族が望まない延命治療は禁止する

人間この世に生まれてきて、必ず死ぬ。

手を尽くしても、死んでしまうとなったら、俺は潔く死にたい。

人工的な処置をしないと生きられないのであるならば、
俺は自然に死んで行きたい。

延命治療までして、生きたくはない。

家族らが徒に延命をするのではなく、
患者が生を全うする最期の様を
家族らが厚く見守る強さが必要だと思う。

幸せに死ぬとはどういう事か、
死にゆく者をどういう形で送りだしてやる事が幸せなのかを
考える時期がきているのだと思う。

死に向かってハードランディングするのではなく、
いかに死に向かってソフトランディングさせるかという医療も大事だと思う。

どうしても延命させなければならないみたいな時は、
特例で延命治療OKとかもいいのかもしれないけどさ、
今の日本はさ、自分は綺麗でいたい偽善者が多いからさ、
政府が汚れ役買って出る事も一つの優しさだと思うぜ。

命は大事。
出来るだけ長生きした方がいいに決まってる。なんてのは手前のエゴだぜ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system