医療、社会保障

  ・ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用を義務化する

ジェネリック医薬品はざっくり言うと、
特許が切れた医薬品の事で、
特許料が切れた分、オリジナルのものよりも安い。
だいたい半分以下の値段。

俺も薬もらう時は
「ジェネリックでお願いします」と
医者に言って、
ジェネリックの薬を
もらうようにしている。

こっちの方が全然安い。

俺の財布も助かるし、
国の財布も助かるのだ。

欧米では医療費負担を軽減するために、
ジェネリック医薬品がよく使われる。

医薬品の4割くらいをジェネリック医薬品にしている。

日本は、2割くらいにとどまっている。

例えば、
フランスだと、
医療保険はジェネリックの医薬品にしか使わせない
ってルールがある。
ジェネリックが嫌だって場合は、
差額は自分で払うらしい。

日本もそれに見習い、
オリジナルの医薬品と同等の効果を持つ安いジェネリック医薬品があるのならば、
ジェネリック医薬品の処方じゃないと保険適用されないっていう風にする。

もちろん、
ジェネリック医薬品が無い場合は、しょうがないけどさ。

ジェネリックがあるのなら、
ジェネリックのみ保険適用とするようにする。
だって、
効き目は基本、おんなじなんだからね。

そうする事で、
日本の医療費負担を軽減する事ができる。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system