医療、社会保障

  ・生活困難な高齢者のための公営施設を作る

将来的に、
年金制度の運営は逼迫し、
適正な価格の年金を受給ができなくなる可能性がある。

そうなった時には、
十分な年金を貰えず、
生活が困難になる高齢者がいると考えられる。

そういった方々のために、
国が最低限の生活を保障する衣食住完備の施設を作り、
運営する。

その施設は刑務所近くに作り、
高齢者の面倒は受刑者に
社会復帰への奉仕活動、ホームヘルパーとして、やってもらう。

老人ホームというよりも、
国が最低限の衣食住を提供するというシンプルなもの。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system