医療、社会保障

  ・社会保障は現金給付よりもサービス給付(現物給付)に重点を置く

社会保障制度には、

医療や保育のように
現物・サービスを提供するサービス給付(現物サービス)と、

年金、雇用保険、生活保護のように、
主に所得=現金を給付する所得保障(現金給付)がある。

現金給付だと、
本来使われるべき事に使われないなんて事があると思う。

たとえば、
生活保護費をもらって、
パチンコやったり、酒飲んだりする事だ。

そういう事をするために、
生活を保護しているわけではない。

なので、
使い道をはっきりさせるために、
現金給付よりも、サービス給付を重視したい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system