医療、社会保障

  ・歯列矯正を1回まで保険適用で出来るようにする

カワイイなって女の子が居ても、
歯並びを見ると、悪かったりする。

歯並びが良かったら、
もっとスゲえ事になるのになぁ、
ちょっと残念だなと思う事がある。

それは男の場合でも、そうだ。
歯並びが良かったらもっとカッコイイなと。

見た目だけじゃなくて、
歯並びを整え、歯の噛み合わせを正すと、
身体の調子も優れ、
スポーツなどでもパフォーマンスもアップするとも言われている。
歯並びは身体の調子も良くするのだ。

かみ合わせがずれていたりすると、
肩こりや頭痛などの原因ともなります。

これはもう歯並びくらいなんだみたいな精神論では
どうしようもない事です。

歯並びが悪いか良いかどっちがいいかって言われたら、
そりゃ良い方がいいに決まっている。

でも、
歯並びを治すのって高いんでしょ。ってイメージがあるから、
相当な関心がないとやらないし、
歯列矯正をやっている奴なんかを見ると、
逆に、矯正やってるよアイツ的な風に見られたりする。

俺はそんな状況を変えたいね。

誰もが低価格で歯列矯正をする事ができて、
なおかつ、
歯列矯正するってのは、
おかしな事じゃないんだよ。って。

当たり前の事なんだよ。みたいな風にしたい。

現状、
歯列矯正をすると、
どんなに安くても数万円から
高ければ100万円くらいまで
費用が掛かる。

ただ100万円くらいかかりそうというイメージはあるが、
実際は総額10万円とか20万円くらいで出来るものも少なくない。

この歯列矯正費用を3割負担の保険適用でやりたい。
だが、
しかし、
100万円を保険適用にする事は無理だ。
そんな事をしたら国全体の医療費は大変な事になる。

だから、
例えば、
保険適用になる金額を
自由診療で10万円以内ならOKとする。

つまり、
保険適用で、最大で33000円くらいで、歯列矯正が出来る事になる。

10万円よりも高くなると、一切保険適用にならない。

となると、
歯医者側は、
10万円以内で歯列矯正をできるように努力する。

なぜならば、
10万円以内で歯列矯正が出来る事になれば、
全国民1人当たりの実費負担は33000円くらいで、
その程度の金額で歯列矯正できるなら、
みんなこぞって歯列矯正をするので、
10万円以内で歯列矯正ができる歯科に、
患者が集中するからだ。

つまり、
10万円以内で歯列矯正できないとなると、
保険適用されないので、患者が行くのに敬遠してしまう。

歯医者側も、
たくさん歯列矯正しに来る人が来れば、
価格を下げる事もできる。

また、
全国民が歯列矯正をすれば、
材料費などのコストも少しは下がるし、
色々な歯列矯正のやり方があるが、
各メーカーは提供する値段を下げざるを得ない。

下げなければ、
価格は高いので、
そうなると、
保険適用にならないから、
客が来ないからだ。

だから、
歯医者やメーカー側が価格を下げざるを得なくなる。

劇的に価格が下がり、
日本は歯列矯正大国になり、日本人の歯並びは綺麗になる。

歯列矯正代で、
医療費が増えるが、
それに伴って、
小さい頃から予防歯科教育をしていくのを組み合わせば、
虫歯治療などを減らす事も可能になるだろう。

なので、
これからの歯科は、
虫歯を治す所っていうよりも、
予防歯科、審美歯科、矯正歯科を強化していくべきだ。
その上で、虫歯になったら治療するって感じで。

あと、
歯列矯正、保険適用だからって、
何回もちょくちょく行かれても困るので、
歯列矯正治療は一生で1人1回までと決めておく。

一回っていうのは、治療全体で一回って事。

20歳の時に歯列矯正して、
放っておいたら歯並びが悪くなったから、
25歳でまたやるって時は、
保険適用されないって風にする。

歯列矯正のやり方は、
ブラケットとかリンガルとかマウスピースとか色々あるけど、
あくまで矯正するヤツだけね。
矯正しないで、
被せもので見た目だけ綺麗にするのはダメね。

あくまで悪い歯並びを、
正しい歯並びに矯正するっていう事だからね。

日本人は顔は良いけど、
歯並びが悪いって人が結構多い気がします。
日本には歯列矯正をするという習慣がないです。
また金額が高額なために、歯列矯正の敷居は高いです。

どんな人でも歯並びを治したいと思えば治せる環境にしたいです。
もったいないです。
日本男児、大和撫子。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system