医療、社会保障

  ・小さい頃に予防歯科教育をする

小さい頃ってのは、
赤ちゃんくらいから中学生くらいまでかな。

赤ん坊くらいの時は親御さんに教育する。

子供が大きくなったら学校とかで
子供に歯の教育をする。

それで、
将来的に
歯の治療費が掛からないようにする。

教育内容は、
虫歯にならないようにする事。
歯並びが悪くならないようにする事。
その2点。

正しい歯磨きの仕方を教えたり、
飯食った後に、歯磨きタイムを作り、
そこで歯の磨き方を教えながら一緒に歯を磨いたりする。

歯の大切さとか、
歯を大切にしないと
将来どんな恐ろしいことになるかなどの話をする。
虫歯になっても歯を正しく磨いていれば、治るとか。

また、
歯並びについては、
口をあけっぱなしにしたり、
舌で歯を押したり、
指をしゃぶったり、
爪を噛んだりしていると、
歯並びが悪くなるとかを教える。
虫歯で歯が抜けると当然、歯並びも悪くなるしね。

虫歯にならないように、
歯並びが悪くならないように、
予防歯科教育を施す。

こうする事によって、
虫歯治療に掛かる費用を無くす事ができる。

その分、
歯医者は
歯が悪くなるのを治療するっていうのじゃなくて、
歯がより綺麗に健康でいられるようにするように
促す役目を担ってもらう。
美容院に行く感覚で歯医者に行く感じでさ。

歯医者は
患者が虫歯にならないように監視し、
歯並びが悪い歯があれば矯正し、
黒ずんだ歯があれば綺麗にする、みたいなさ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system