科学技術、エネルギー資源

・バイオマスエネルギーを普及させる

バイオマスエネルギーとは、
生物群をエネルギー源として利用する方法の事である。

石油のような枯渇性資源を
代替しうる非枯渇性資源として注目されている他、
二酸化炭素の総排出量が増えないと言われていることから、
主に自動車や航空機を動かす石油燃料の代替物として
バイオマス燃料が注目されている。

バイオマス燃料は、
植物資源などのバイオマスを加工して作る燃料で、
主に、
木くずや廃材、
トウモロコシ、
サトウキビ・ビートの絞りかすなどを
発酵させて作るエタノール、
家畜の糞尿などを発酵させてできるメタンなどがある。
バイオ燃料とも言われる。

石油のコスト高により、
バイオ燃料の研究開発、実用化が進んでいる。

日本も積極的に取り組んでいきたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system