科学技術、エネルギー資源

・プラズマアクチュエーターを実用化させる

皇紀2675年(西暦2015年)5月31日放送 夢の扉+ より

プラズマアクチュエータとは、
空気を操る「薄さ0.1ミリの装置」で、


それを貼るだけで、
エアコンの性能が上がり、
風通しの悪い部屋にも心地良い風を通したり、


電車が通過する際の強い風圧を弱めたりする事が可能になる。





プラズマアクチュエータが実用化されれば、
全ての空気の流れを使う製品機器の性能を上げ、
社会生活が今よりも快適なものとなる。


飛行機の翼に
プラズマアクチュエータを付ければ、
飛行機は揚力を得て、もっと安定して飛べるという。

プラズマアクチュエータ使用前(イメージ)





プラズマアクチュエータ使用後(イメージ)

プラズマアクチュエータの電極に電圧をかけるとプラズマが発生。
これが乱れた空気を吸い寄せる。

風力発電にも期待できる。

風車の羽にプラズマアクチュエータを付けると、
風車の回転数が10倍以上になる。



プラズマアクチュエータ使用前




プラズマアクチュエータ使用後



回転数が29から349と、10倍以上に上がった。

身近な暮らしでも実感できる。

プラズマアクチュエータを使用すると、
空気の流れがスムーズになり、
大きな換気扇の音も静かになるし、
エアコンなどの空調機器も省エネ化される。

プラズマアクチュエータを活用すれば、
喫煙所のタバコの煙も周囲に撒き散らさないように済む。

プラズマアクチュエータ使用前(イメージ)




プラズマアクチュエータ使用後(イメージ)

電車の通過時の強風や、
地下鉄の突風などにも効果がある。



プラズマアクチュエータ使用前(イメージ)




プラズマアクチュエータ使用後(イメージ)

自動車に
プラズマアクチュエータを取り付ければ、
空気抵抗が低減されて、燃費が向上する。



プラズマアクチュエータ使用前(イメージ)




プラズマアクチュエータ使用後(イメージ)


それだけじゃなく、
空気抵抗を考慮に入れたデザインをする必要性が減り、
自由なデザインの車にする事が可能にもなる。

今や、
形やデザインで空気抵抗を何とかするのは、もう限界に来ているという。
プラズマアクチュエータを実用化する事で、今ある限界を突破する事も可能になる。

なるべく早く、
プラズマアクチュエータを実用化させたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system