科学技術、エネルギー資源

・尖閣諸島周辺に眠る600兆円分の石油を開発する

尖閣諸島の周辺には600兆円分の石油が眠ると言われている。

尖閣諸島から、
石油精製所がある都市、
鹿児島まで900キロ、
長崎まで1000キロあり、
そうすると採算が見合わなくなる。

沖縄もしくは台湾で
原油を精製すれば採算が取れるようになる。

また、
日本の海には
国内消費の100年分のガスが
メタンハイドレートとして眠っている。

(未来ビジョンより)

ページ上に戻る

inserted by FC2 system