科学技術、エネルギー資源

・スーパーコンピューター世界一位を奪取する

2010年6月の
スーパーコンピュータ処理能力ランキング
上位500の最新版を見た。

国というか企業とか大学なんかのランクになっていて、
一応、ここでは国として、挙げていきます。

1位はアメリカ

アメリカは成績が良いだけでなく、
上位500位、圧倒的に占めている。

2位中国

昨年の国としての過去最上位成績5位を上回る2位に躍進。
さらに、
上位500位中にも結構多かった。
見た感じだと、日本よりも多く占めていた。

15位韓国

今や韓国のスパコンは日本よりも上位なのだ。

22位日本
ようやく日本。
日本のの最上位は22位。

日本は世界2位どころか
2がもう一つ付いて世界22位だ。バカヤロー。
日本が世界1位だった頃が懐かしい。

全体的に見ると、
500中300~350システムくらいがアメリカな感じで、
中国は20システムくらいだったかな。
日本は15システムくらいかな。
数えてないんで、感覚だけど。
上位100位までに日本は9システムだけ入っていた。
割と半ばから後方にかけて。

韓国は15位だけど、100位までには、
その1システムだけだった。

韓国らしい選択と集中というやつですかな。

ともかくも、
日本もっと頑張ってくれっていうのは、間違いない。

数は少なくてもいいから、
ベスト10を独占するくらいの勢いになってほしい。

中国はアジアで唯一ベスト10に入っている。
2位と7位に、2システム在る。

日本は資源が乏しいんだから、
こういうところで勝てないと日本は、マジ終わる。

俺も詳しい事はわからんけど、
スーパーコンピュータを使えば、
人間が100年かかるような計算も3日で終わらす事も可能だ。

天気などの予測や
衛星打ち上げなどの計算やシュミレータ、
新しい技術開発などに対して、
スーパーコンピュータの性能を良くすれば良くするほど、
より役立つようになるのは、間違いなだろう。

何より
日本は付加価値のあるもんを生産していかないと、
死んじゃうんだから、
そういうところを徹底的にしてかないとダメだよね。

子供にも小さい頃から、
そういう危機感的なものを教育していかないと、
向上してかないよね。

てか、
そういうような事をきちんと言ってくれれば、
まださ、
頑張る頑張らないの判断もするけど、
ただ良い学校入りなさい的にさ、
ただ勉強しろとかだと、
頑張る頑張らないの選択すらしないまま卒業しちゃうよね。

すげえ賢いヤツは言われなくても、
気付いて黙々と頑張るのかもしんないけど、
普通以下の奴は言われないとわかんないよね。
ましてや子供だし。

ま、ともかくも、
スーパーコンピュータ世界第一を奪取するぞ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system