経済

・アニメ、漫画、ゲーム、映画などを日本の国家産業にする

しずかちゃんの入浴シーンが問題だとか言うアホが居るが、
役に立たないのなら、
せめて、害をまき散らすのは止めてくれ。

政府的なものは、
せっかく自然発生的に発展した産業を
潰していく嫌いがある。

子供のそういう性的描写を規制するメリットと、
規制されて作品の創作性が抑制されるデメリットを考えた場合、
日本のポップカルチャーにとって、
どれだけ損失になるかが、
わかっていないのだ。

しずかちゃんの入浴シーン程度なんて、
ずいぶん前からあったし、
それを今さら問題視するのもおかしいし、
それらを規制したら世の中が良くなるわけでもないし、
それらを規制しなかったら、
悪影響を撒き散らしてしまうものでもない。

こんな事を問題にしている時点でアホなのだ。

あ・ほ!なのだ!

そういう事をグダグダ言う輩は百害あって一利なしだ。

ドラえもんとか、ドラゴンボールだとかを見て、
みんな、育ってきていてさ、
それらの漫画の中にある、
しずかちゃんやブルマの裸の描写を見て、
それを性的描写と捉え、
その事が、直接的な原因となって、何か問題が起こりましたか。

しずかちゃんやブルマの裸は、
性的に興奮させるための裸というよりも、
ギャグ要素を主とした裸の描写である。

その程度の表現を、問題視する方がおかしい。

ハリウッド映画とか見てみろ!バカタレ!
暴力描写、性的描写なんて、多いじゃないか!

ハリウッドなんて、
ギャグ的要素じゃなくて、
明らかに性的興奮の描写じゃないか。

性的描写とか恋愛要素を入れた方が、
売り上げが良いからやってるわけで、
そんなものと、しずかちゃんの裸やワカメのパンツは全く違う。別物。

ハリウッド映画はアメリカの輸出産業として、
国が力を入れている。

そんな重箱の隅をつつく様な事をやってないで、
今こそ日本も、
ハリウッド映画のように、
日本のアニメ、漫画、ゲーム産業を、
日本の国家産業として、
世界に積極的に輸出していくべきだ。

日本のポップカルチャーが上昇気流である今がチャンスである。

今ここで、
官民挙げて、
世界を席巻して圧倒的な影響力を残して行かなければ、
日本のポップカルチャーも
今ある、その利点を活かせなくなってしまうだろう。
もしくは昔は日本のマンガ凄かったんだ。で終わってしまうかもしれない。

今、たくさんの外国人が
アニメ、漫画、ゲームなどを勉強しているのだ。
悠長な事はしていられないのだ。

また、
韓流ドラマなどのように、
日本のポップカルチャーも、
他業種間でコラボレイトして、
さらなる活性化を図っていきたい。

ファッションとかでも、
日常で着れるようなコスプレだったら、
ファッション業界とコラボレイトしたっていいんだからさ。

余談になるが、
お隣、韓国では、
スクリーンクォーター制を実施していて、
年間40%(146日)の自国映画の上映が義務づけられていたりする。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system