経済

・日本のアニメ制作の空洞化対策をする

国内アニメ産業の空洞化に対する危機を感じる。

ガンダム等のアニメを見ていても、
エンディングロールに外国人の名前を目にする。

もしやと思って調べてみると、
アニメの根幹を成す原画を作る仕事のほとんどが、
海外に流出しているのだ。

その流れがとまらない。

つまり、
日本のアニメ産業の若手が担う
基礎の仕事が少なくなってしまっているのだ。

日本人の若手が腕を磨く場が少なくなっている。

アニメ制作の仕事が国外流出している背景には、

まず第一に、
コストの面で海外でやった方が安いということ。

第二に、
アニメ制作量が多すぎて、
日本だけでは賄いきれないという面もある。

今の日本人は、
本当に本当にバカである。

日本人でなければできないという
技術力、ブランド力がありながら、
それをわざわざ海外に流出させてしまっているのだ。

韓国企業、中国企業が大躍進しているのも、
今の日本がバカで、
目先の利益に囚われて、
技術等、取り返しのつかないものを
海外に流出させてしまったのも一因。

海外企業が日本に追いつき、
日本企業を抜かす海外企業があるわけだから、
結果的に、
日本企業のブランド力まで低下してしまったのだ。

アニメ制作が国外流出してしまっているのも、
それと同じである。

日本企業は資源がなく、
あるとすれば、
資源は人材なのだから、
技術を国外に流出せず、
目先の利益に囚われす、
コストが掛かっても、
日本人を育て上げなければならないのだ。

長い視野でみると、
そうしなければ、
日本は生き残っていけないのだ。

日本のアニメって昔はけっこうスゴかったんだよ
みたいな風に、俺はしたくない。

現在進行形で、
日本のアニメってスゴいね!がイイ。

結局、
技術力やブランド力を維持するためには、
若手を育てるコストが掛かるのは当然で、
そこのコストカットは絶対にしてはならないのだ。

企業負担が厳しいのであれば、
それこそ、
国が全面的にバックアップして支援すればいいだけの事。

それを政府がやってかないから、クソなのだ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system