経済

・地域間自由貿易協定を結び輸出を有利に進める

日本は、
国家間で自由貿易協定を結ぼうとしているが、
日本の農作物保護というものがあって、
中々踏み切れないでいる。

それを解決する圧倒的打開策を、
わたくしめが
披露しようじゃないか。

それは、
日本国内の各地域と海外の国または地域と、
自由貿易協定を締結する事だ。

日本全体で自由貿易協定を結ぶから、
一次産業保護の問題が生じるのであって、

例えば、
日本の東京23区を自由貿易協定特区にしてしまい、
各国、各地域と
自由貿易協定を結んで
関税を0%にして、
世界の優秀な頭脳などを集めたりして、
シンガポールのように繁栄させればよいのだ。

東京23区であれば、
一次産業保護など、
そういった問題は、ほとんどない。

むしろ、
東京23区であれば、
メリットの方が多いと思われる。

世界や日本にとって、
地域間自由貿易協定のモデルケースとなるであろう。

別に東京じゃなくてもいいし、
地方活性化という事を考えれば、
地方の中核都市を特区にしてしまえばいい。
県規模じゃなくて市規模でいい。

とにかく一次産業が打撃を受けないような地域を
特区にしてしまえばいい。

衰退している地方とかに、
自由貿易協定以外にも特区を
いくつか作ったっていいしね。

医薬品とかを作る特区とか、
バイオ技術を研究する特区を作るとかね。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system