経済

・公務員に成果主義を取り入れ、官位十二階制度を導入する

公務員に成果主義を取り入れる。

冠位十二階制度というのがあったが、
これを模して、
官位十二階制度を、現代日本に取り入れる。

官位十二階制度導入は、
日本の公務員制度に成果主義導入を意味し、
年功序列ではなく、
実力によって評価されるシステムにする。

官位は
冠位十二階のように
十二段階の序列がある。

新たに入った者の序列は一番下だが、
年齢が低くても、
成果を上げれば官位も上がる。

つまり、
今で言えば、
役職が上がるわけだ。

当然、給料も上がる。

年配の公務員でも使えなかったら、
官位も下がる。

ワイロやコネなどでの不正は
三段階引き下げをするなど厳しい罰則を設ける。

なので、
一度上がっても、また下がる事もある。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system