経済

・水処理技術、海水淡水化の世界シェアトップを目指す

日本は水が豊かであるから、
水の有難みが実感しにくいが、
世界では、
水は貴重であり、
慢性的に水不足の地域は多い。

そういったところに、
日本の海水淡水化プラントを輸出する。

現に、
中東などへは、
すでに輸出もしているが、
日本が世界シェアを占めるようなくらいに、
持っていきたい。

海水淡水化にあたっては、
多段フラッシュ方式や、
逆浸透方式などがある。

日本では事業化に向けての議論すら行われていないが、
原子力を利用した海水淡水化に取り組んで、
官民が協力して、
世界展開を計ったっていい。

そもそも日本の水処理技術は高いものがあるので、
水処理プラントを世界に向けて、
官民協力して輸出して、
世界シェアを占めていけるようにしたい。

すでに世界各国は、しのぎを削って頑張っている。

日本は、それに負けぬよう、もっと推進して行きたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system