経済

・歌やお笑いなどの日本文化を国家産業として世界に売り込む

韓流などが日本やアジアに浸透しつつあるが、
日本も世界に日本のポップカルチャーを、
積極的に売り込んでいくべきだ。

韓国の場合、
世界に輸出する際、
ドラマの製作費、
確か、国が1億円くらい出してくれるんだよね。

ハリウッド映画もアメリカの国家産業となっている。

アメリカの映画産業は、
アメリカで第2位くらいの規模の輸出産業で、
その情報を漏らしたら、
FBIが国家機密をもらした重悪犯罪者ということで捕まえにきて、
会社もクビ。

で、国外追放。

要は、アメリカの映画産業は、
そのくらい重要な国家産業ってわけなのだ。

アメリカは映画を通して、
自国民や、世界中の人間を教育しているのだ。

宇宙人、戦争、環境、科学技術など様々だ。

差し詰め、
アメリカ映画教育ってところかな。

そういう意識が希薄で、
呑気な日本は、お子ちゃまに見えてしまうわ。

日本も映画を通して、
メッセージを伝えるべきだと俺は思うね。

その国の文化を積極的に輸出する事で、
結果として、
その国を好きになるという効果もある。

日本には、
映画と教育をからめなくても、
日本のコンテンツは優秀なのがたくさんある。

アニメ、漫画、ゲーム、
ドラマ、映画、バラエティ番組など、
様々ある。

そういうのを世界に広めて、
日本を好きになってもらうだけでも、
戦略として、最低限、取り組むべきである。

アニメなどは
民間レベルで、すでに世界に広まっているが、
日本のお笑い文化は世界でもトップクラスだと、
俺は思っているので、
これをもっと世界に広めたいと俺は思う。

そうすることで、
日本語を覚えたいとか、
日本に興味を持ったりだとか、するはずである。

外国のバンドを好きな日本人はたくさん居ると思うが、
日本アニメの主題歌を好きな外国人もたくさん居ると思う。

すでにやっているとは思うが、
もっと、主題歌ツアーなどを全世界でやったっていいと思う。

例えば、
漫画とかも、
週刊連載の漫画が日本で販売すると同時に、
全世界でも販売されたら、
世界の人はそっちの方が便利じゃん。

ネットだったらさ、
世界に配信しやすい。
紙媒体よりも。

日本語ページ、英語ページ、
フランス語ページ、ドイツ語ページ、
スペイン語ページ、ポルトガル語ページ、
中国語ページ、韓国語ページとかさ、
色んな国の言葉に翻訳されたページを作って、
全世界同時に配信すれば、利益はすごい事になる。

需要はあるのだから、積極的にやるべきだ。

日本文化を世界に広める事で、
回りまわって、日本にとって、大きなメリットとなる。


アメリカは、
上手に活用していて、
その点において、
アメリカは賞賛に値し、
活用していない日本は、
ホント、バカである。

我々日本人が、
戦勝国であるアメリカを好意的に捉えているのは、
ハリウッド映画やウォルトディズニー、
ジーンズ、スポーツシューズなど、
アメリカ文化の影響は多大にあると思うよ、俺は。

以下、(未来ビジョン第58回より)

日本のコンテンツ産業 14兆円
そのうち海外から入るお金 4%

アメリカのコンテンツ産業おいて、
海外から入ってくるお金は17%くらいある。

課題は、違法ダウンロードと海外進出の積極性

日本のコンテンツ産業自体は14兆円程だが、
その周りにある産業(ファッション、玩具、教育、観光など)を含めると
100兆円くらいの産業規模となる。
100兆円産業として勝負する。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system