経済

・日本旅館を世界に輸出する

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」
で30年連続1位である石川県の日本旅館、
加賀屋が台湾に進出した。

本家の加賀屋に台湾からの旅行客が多く、
台湾でもイケるのではないかと、
台湾に進出したようだ。

俺は、
これは台湾だけじゃなく、
世界でもイケると思う。

というのは、
純和風の客室で
着物を着た客室係が日本料理を配膳する日本旅館は
外国人にとって
大変エキゾチィーックジャパンで、新鮮な感覚だと思うからだ。

西洋的なホテルが多い中、
純和風の日本旅館はヒットすると俺は思う。

ま、
日本に来るのが手っ取り早いってのもあるかもしれないが、
てか、
日本自体、
都市部では日本旅館は少ない。

地方に行けばたくさんあるのかもしれないけども、
日本旅館は日本の武器になるから、
海外で日本旅館を味わった人は、
日本で本場の日本旅館を味わいたいって思うかもしれない。

そういった狙いも含めて、
積極的に日本旅館を輸出させて、
そのサービスを利用した外国人客を国内に引きこみ、
国内の日本旅館を活性化させたい。

そうであるならば、
なおさら、
日本国内の日本旅館は純和風日本旅館足るべく、
日本旅館らしさを大事にしたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system