経済

・賃貸物件含め、連帯保証人制度を廃止する

保証会社による保証制度が成り立つ今日において、
連帯保証人制度をあえて、
使う必要はないと思う。

こんな制度があるために、
連帯して保証する必要性が本来はないのに、
友人に頼まれ、紙に名前を書いてしまったがために、
連帯して責任を負わされるはめになり、
時に友情を失わせる機会を作ってしまう制度は不要である。

部屋を借りるのだって、
肉親の保証人が居ないと借りられないなんて、
非効率的だぜ。

住居のための賃貸物件には、
連帯保証人を立てないといけない。

最近では、
保証会社を利用できる場合もあるが、
保証会社利用は、
連帯保証人を立てる事が出来ない者のための補完の要素が強い。

貸す側が害を被らないようにするために、
連帯保証人制度があるのだろうが、
借りる側としては、
これほど不便な事はない。

連帯保証人などを立てなくても、
自由に部屋を借りれるようにする。

保証会社でもいいんだけど、
保証会社すら、
緊急連絡先として、
誰かを用意しないといけない。

つまり、
現在の制度は、
孤独な人間は部屋を借りるな!という制度となっているのだ。

孤独な者は、ホームレスになれ!って言ってるようなものだ。

例えばだけど、

連帯保証人を立てない代わりに、
家賃の三カ月分くらいを前もって、
もらっておき、
一カ月滞納したら、
追い出す事が出来る権利を大家にちゃんと与えればよい。
その費用等は、
前もってもらっておいた三か月分の家賃で賄えばいい。

とにかく現状、
家を借りるには、
連帯保証人等の手続きが不便でならない。

俺なんて、
親父が定年過ぎてるから、
親父は連帯保証人になれないし、
保証会社だって審査があるし、
審査が通っても、
保証会社OKの物件数が少なすぎて、
借りるお金があったとしても、
部屋を借りたくても借りれないなんて事は往々にしてある。

まいっちまうよ。

それを解消する。

保証会社だって、
緊急連絡先として
誰か用意しなきゃいけないとするならば、
家族も友達もいない孤独なヤツはどうしたらいんだよ。

ネットカフェ難民になれってか。
乞食になれってか。

あと、
礼金も必要ないしね。

不動産系は大概、大家に有利な制度だよね。
昔からの支配者層がそういう風に作ったんだろうね。

ま、
とにかく連帯保証人制度自体、法律で即刻廃止する方向にして、
保証会社にいくらかお金を払って、
保証するようなシステムに寄るべきだ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system