経済

・最低賃金を上げ、その差額分を地域商品券として支給する

日本全国各々の自治体で、各自、最低賃金を上げる。

たとえば、
最低賃金が800円だとする。

時給を100円上げて、最低賃金を900円と独自に設定したら、
その差額の100円分を、
地域住民に対して、
その地域内限定で使える、「地域商品券」、「地域通貨」として、支給する。

バイトで80000円を稼いだとしたら、
10000円分が、地域商品券として、もらえるわけだ。

こうする事によって、
低所得者層の生活水準を上げるという所得再分配効果を発揮しつつ、
地域経済をも活性化する一石二鳥の政策。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system