経済

テレビ革命(新規参入、規制緩和)やります。インターネットテレビをテレビで見れるようにします。

光ファイバーとか携帯電話、
あれ、新規参入、規制改革で、
料金が安くなったり、サービスが向上したでしょ?

下からの押し上げがあるから、
業界全体が、切磋琢磨しようとなる訳じゃん?

今でも、
テレビ局同士で、視聴率争いは、してるけども、
業界全体では、足並みを揃えちゃってる。
その枠組みの中で、やりましょうね。なんて感じでやってるから、
テレビが収縮しちゃってる。

これを打開するには、黒船襲来しか無い。

情けないけど、
日本人は、基本、外圧でしか変われないんだよ。

テレビ業界に対して、
インターネットをぶつける。

テレビでは放送しないような事を、
ネットでは、知る事が出来る、見る事が出来る。

同じテレビのリモコンで、
番組をザッピングした時、
同じ話題でも、正反対の主張をしているみたいな、
そういう刺激は、やはり大事だと思うし、
バラエティ番組とかも、
テレビは守りに入っちゃってるところはあるけど、
ネットテレビがガンガン攻めてたら、それに刺激を受けると思う。
例えば、ドキュメンタルなんて、現状の地上波では、流せない。
それをネットテレビという口実で、
テレビで見れるようにしてしまえばいい。

テレビをつけても、
今までと同じテレビ局しか映らないから、
テレビ業界全体が危機感を感じない。

もし、地上波テレビをザッピングしてて、
これもあくまで例えばだけど、アベマTVが見れたら、どうだろうか?
バズーカが見れたら、どうだろうか?

見る視聴者は、一定数居るだろうし、
テレビ局も負けないように頑張ろうと思うだろう。

Jリーグなんて、
J1とJ2で入れ替え戦があったりする訳で、
そういうのが無いと、切磋琢磨しないだろ。

テレビのコメンテーターは、
既得権益がどうたらこうたら言ったりしますが、
テレビこそ既得権益の塊、聖域、ブラックボックスですよ。

俺は、そこに踏み込みますよ。

そうなれば、
相対的に、今のテレビ局の力は弱まります。
俺は、それでいいと思っています。
だって、テレビは真実や、本音を出さないから。
そのくせ、印象操作で世論誘導したりする。
それを暴き、正す存在が必要だと思います。
それがインターネットだと思っています。

坂上忍程度の人間がチヤホヤされてたりしますが、
それは、彼が、
タレントという枠組みの中で行けるギリギリの本音を出して、
勝負しているからでしょう。

視聴者や国民は、
本音や真実、リアリティを求めています。

少なくとも、
それを望んでいる人は一定数、居るかと思います。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system