経済

・TPPではなく、日本に有利なEPA,FTAを多くの国などと個別に結ぶ

韓国はTPPではなく、
FTAをたくさんの国と締結して、
独自路線を進んでいる。

2010年10月6日には、
EUともFTA(自由貿易協定)を締結している。
(学べるニュースより)

韓国が海外で強い一因のは、
二国間同士でFTAをたくさん結んでいるというのもあるだろう。

なので、
韓国はあえてTPPに入る必要性がない。

日本がTPPに参加するのが嫌なら、
韓国のように、二国間でたくさんのFTAを結べばよい。

TPPの場合よりも、
FTAの方が二国間同士の締結なので、
関税については柔軟な対応が出来ると思う。

経済産業省の試算は、
TPPに参加しないと、
10.5兆円(実質GDP)の損失で、約81万人の雇用が減少。
(内閣官房 資料より)

農林水産省の試算は、
TPPに参加すると8.4兆円(実質GDP)の損失で、
約350万人の就業機会が減少。
(農林省 資料より)

カリフォルニア産のコシヒカリが日本に入ってくると、
10キロで約740円との見通し。
(関税率778%が掛からなくなると)
(農林省のデータを基に「MRニュース」が算出)

韓国では、
農業を犠牲にする代わりに、
農村愛、一社一村運動というのが行われている。

メーカー一社一社が一つの村を助けようというもの。

例えば、
ヒュンダイが農村に冷蔵庫やエアコンを寄付したり、
ヒュンダイの社員が農村に手伝いに行ったり、
農村で出来た作物をヒュンダイが買い取って、
社員食堂で使ったりしているという。
(Mrニュースより)

TPPなんて酷いよ。
アメリカの都合のいい仲間を集めて、
アメリカの都合のいいルールを作りやすくしてよ。

カモである日本に参加させて、
民主主義で公平に決めましょうみたいな体にみせてるけど、
こんなもんインチキ民主主義じゃないか。

アメリカの民主主義のやり方は、いつもそう。

アメリカの都合が良いルールを作り、勝てる目算をした上で、
このルールの中で公平に戦いましょう。と。
公平に戦おうって提案しているのに、
参加しない日本は、フェアじゃないと展開する。
アメリカは勝つ算段を有した上で、空手の日本を引きずり込む。
やり方が汚い。

それで上手く行かないと、侵略戦争をおっぱじめる。

いつも、そう。

クソ。

で、勝てない場だと、戦わずに、一旦、引っ込む。また練る。

アメリカという国は、何でも思い通りに行かないと嫌なのだ。

アメリカは、有利な状況、勝てる土台でないと、参加しない。

京都議定書だって、そうだろ。

結局、抜けちゃうしさ。

それがアメリカの民主主義。

そんなもんは民主主義でもなんでもない。

よくもまあ、
そんなんで中国や中東、中米、アフリカ諸国などによ、
独裁はいけない、民主化するべきだなんて、
ずうずうしくも言えたもんだな。

とんでもない食わせ者、悪党だよ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system