子供、少子化対策

・子供4人以上の家庭に教育費無料など現物給付支援を施す


トルクメニスタンでは、
子供8人以上の家庭には、
エリートハウスと呼ばれる400平米の豪邸が無償提供される。
国の将来を担う子供を沢山作れば
安定した暮らしが約束されるという大統領の方針だという。
皇紀2674年西暦2014年10月6日放送未来世紀ジパング より)

ここ日本でも、
エリートハウスとまではいかないが、
少子化対策として現物給付を考えたらどうだろうか。
現金給付ではなくてね。

例えば、

子供が4人以上なら、
公立学校全ての教育費が無料。

子供が5人以上なら、
米と生鮮食品が購入できるチケット毎月5万円分提供。
(チケットの譲渡および売買は禁止)

子供が6人以上なら、電気・ガス・水道など光熱費を毎月1万円分を国が負担。

子供が7人以上なら、毎月1万円分の医療費が無料。

子供が8人以上なら、公営住宅を無償提供。

子供が10人以上かつ5人以上の子供が公立大学に進学した場合、
所得税や住民税などを無税にする。

ま、例えばで、
こんな感じですが、
どうでしょうか。

もちろん、
結婚が継続されている事が前提。

(死別を除き)離婚したら、対象から外れる事になる。

対象から外れるが、
再婚した場合は、
子供の人数からのカウントでもなく、
ゼロからのカウントでもなく、
実際に自分と同じ家に住み、育てている子供の人数の半分からのカウントとする。
(子供は居るけど、親権が向こうにあり、一緒に暮らしていない場合はゼロ。)

例えば、
子供2人と一緒に住んでたら、その半分の1人というカウント。
3人でも、端数切り捨てで、1人。
子供4人と一緒に住んでいたら、その半分の2人。

例えば、
離婚後、
子供2人と一緒に住んでいて(半分の1人というカウント)、
再婚して1人子供が産まれた場合は、1+1で、2人というカウント。

養子は適用外ね

人間さ、
現金なもんだから、
こんな風にすれば、
けっこう出生率上がると思うんだよね。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system