子供、少子化対策

・新型出生前診断、羊水検査等を無料にする

(週刊ニュース深読みより)

保険適用に留めようと思ったが、
ここはいっその事、イギリスに倣い、無料にする事にした。

イギリスは2004年から、
超音波検査、
血液検査、
羊水検査を無料にしたらしい。

これらの検査をすると
ざっくり言えば、
産まれてくる子がダウン症なのかどうかとか
がわかったりする。

こういった検査をして、
例えば、
身ごもった子にダウン症の特徴があるとなって、
中絶した人のためにARCという電話相談を設けたり、

産もうと決めた人のために
理学療法士や言語療法士などの専門家の自宅派遣をしたり、
教育費を免除したりする制度を設け、

産むか産まないかを自己決定によって、
選択しやすい環境を整えた。

この結果、
中絶する人の割合が増えてしまったという。

スタジオでは、
子供に何かしらの障害があるか無いかで、
産むか産まないかを決めるのは、良くない。
みたいな感じに、ややなっていましたが、

僕は、そうは思いません。

絶対にこうしなきゃいけないという強制ではなく、
選択する事が可能だからです。

どんな人だって、
自分の子供が健康で産まれて来て欲しいと思っているはずだし、
命を粗末にしたくないと思っているはずです。

自分たちのため、子供のため、
どういう決断をしたら、
皆が幸せになれるかを考えて決める事が出来る環境の方が、
俺は、良いと思う。
妊娠したら絶対に産まなきゃダメという強制よりも。

そのうえで、
障害を持った子を産もうと決めて、
障害を持った子が産まれたのであれば、
障害を持った人でも健やかに元気に暮らせる社会を築いて行けばいい。

 

ページ上に戻る

inserted by FC2 system