国防、軍事、防災

・自衛隊の制服等は国産を保持すべき

2009年の事業仕分けにおいて、
自衛隊の制服を外国製に切り替えて、
コスト削減すべきだという議論がなされた。

俺は国産を保持すべきだと思う。

ニュースによると、
国産制服だと80億円近く掛かるのだが、
それを外国産にすると、
約3割コストカットできて、
20億円程度が浮く事になる。

20億円浮くというのは良いことだが、
その場合、
20億円浮く分、
国内に80億円を落とす事ができなくなり、
海外に60億円を落とす事になる。
本来、日本で循環するはずの80億円がゼロになる上、
60億円が海外に流出し、国益を損なう。

そう考えると、
目先の20億を追っていいものかとも思う。

国産から外国産に切り替えるという議論ではなく、
国産で、
どうやってコストを削減するかという見方をするべき。

金の流れを見せてもらってないからわからないけど、
どこかしら削れるところがあるはずだ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system