国防、軍事、防災

・日本も核シェルターを普及させる

まず、
以下の、

世界の核シェルター普及率を見て欲しい。

このデータは、
全人口に対し
何%の人を収容できるシェルターが
存在するかを基準に
作成したものだ。

世界の人口あたりの核シェルター普及率
(NPO法人日本核シェルター協会調べ)

スイス100%
イスラエル100%
ノルウェー98%
アメリカ82%
ロシア78%
イギリス67%
シンガポール54%
日本は0,01%

見ておわかりの通り、
日本はダントツに低い。

民間防衛が進むスイスは
国の法律で
核シェルターの設置を義務化している。

日本の危機意識は非常に低い。

低すぎる。

俺自身は、
核シェルター入ってまで生きるのも、
正直、
シンドいってのもありますが、
そういう意識が大事だと思います。

実際に
核シェルターを使うような事を想像したくないですが、
あるとないとでは、
段違いに違います。

実際に
そうなっても違いますし、
そうならなくても精神的に違いが出ます。

犯罪が
どうだこうだ言われますが、
それでもやっぱり日本は安全な方です。
日本人は
平和ボケし過ぎています。

もう少し
危機管理を
ちゃんとした方がいいですね。

0,01%じゃ
日本人は
1万人しか生きられません。

できれば
100%の日本人が、
最低でも
50%の日本人が核シェルターに避難できるような、
体制を整えるべきです。

個人で地下に
核シェルターを備えてもいいし、
マンションだったら、
マンションの住人が入る事ができるような、
地下シェルターを備えたりね。

スイスを見習うべきです。

ちなみにだけど、
核を落とされて、
放射能が減衰して
外に出られるようになるまで、
2週間は
最低、必要だと言われている。

その間の2週間は
シェルターの中で過ごしましょう、と。

核戦争下で生きるのはマジ、シンドいんで、
そうならないように
する事が最善ですが、
精神的にも物質的にも、
備えあれば憂いなしですからね。

取り組んでいるっていう姿勢が大事ですからね。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system