国防、軍事、防災

・日本の特定海域の自主的な国際海峡措置を廃止する

国際海峡とは
国連海洋法条約によって定義された
国際航行を定められた範囲で
自由に航行できる海峡のことである。

つまり、
国際海峡であれば、
どこの国でも自由に通る事ができますよ。
という事だ。

へぇー、そうなんだ、って感じでしょうが、
日本にも国際海峡が存在していて、
日本では、
それを特定海域と言います。

特定海域とは、
宗谷海峡
津軽海峡
対馬海峡東水道
対馬海峡西水道
大隅海峡
の領海の幅が
通常の12海里から3海里に
とどめられた5つの海峡をさす。

わかりやすく言うと、
津軽海峡の例で言えば、
北海道と青森の間は、
本来、日本の船しか通れないのに、
どこの国の船でも通れるようになってしまっているという事なのだ。

しかも、
それは、
日本が
何故か自主的にやっているのだ。

その自主的措置を止める。

現在は、
中国やロシア、北朝鮮などの船や潜水艦が自由に、
通る事が出来てしまうのだ。

これを自由に通れなくなるようにして、
もし、どうしても通りたい場合は、
日本政府に
許可を得てからにするように変える。

3海里を通常の12海里に戻す。

国際海峡を止めて、
普通の海域、
日本の領海に戻す。

日本の領海に戻るわけだから、
許可なく通った船などは、
拘束または撃沈するようにする。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system