国防、軍事、防災

・津波対策をする

日本は津波大国として知られている。

地震による津波の脅威を示す世界ランキング
ワーストファイブの中に日本は3つも入っている。

世界の地震津波 遡上高ランキング
1位 1674年 バンダ海地震 100m
2位 1771年 沖縄 八重山地震 85.4m
3位 1993年 北海道 南西沖地震 54m
4位 2004年 スマトラ島沖地震 50.9m
5位 1896年 岩手 明治三陸地震 38.2m
(参照:National Geophysical Data Center)
遡上(そじょう)…流れをさかのぼって行くこと。

1946年 ハワイ島ヒロのアリューシャン津波で、
逃げまどう日系移民がツナミと叫んでいた事から、
TSUNAMIが世界共通語として広まった。

アジア各国では
津波から村人を救った物語「稲むらの火」
(濱口 梧陵(はまぐち ごりょう)がモデルになっている)
という絵本が読まれている。

50㎝以上の津波が来ると、
テレビでテロップが表示されるようになる。

独立行政法人
港湾空港技術研究所では、
津波の事について研究しているが、
50㎝の高さの津波でも危険だ。

この時、
両足には200キロの水圧がかかっている。
車は40㎝から50㎝の津波でも浮いてしまう。

普通の波だと
5秒とか10秒とかで途切れるけど、
津波は長いものでは
10分、20分、途切れない。

波は
主に風によって発生。
津波は
主に地震によって発生する。

日本の津波研究は
世界最先端で、
今後も津波被害を
可能な限り軽減できるよう研究していきたい。

(参考:ブランニュージャパン)

ページ上に戻る

inserted by FC2 system