国防、軍事、防災

・有事の際の危機管理対策を徹底準備しておく

東日本大震災(津波、地震、原発事故)において、

日本は、攻撃する事を放棄している。
その分、
せめて自国が有事の際には、
徹底した対策が施されていてほしかった。

今の日本は
自分の国すら、
自分で守れない国である。

国が自立しておらず、
機能していたのは、現場の、ヒト達、であった。

軍事力を放棄するならば、
せめて徹底的に
自国を守れる対策はとらなきゃいけない。

でなければ、
何のために、国家というものがあるのだろうか。

存在しているだけで役に立たないなど、申し訳が立たない。

原発事故が起きたら、どうするだとか。

津波がきたら、どうするだとか。

何重にも対策を施さなければいけない。

さすがだな、
と国民に思わせなければならない。

軍事も国防も防災もダメ。

平和を前面に押し出す偽善者共め、
だったらせめて防災くらい徹底しろ。

何なんだ、この国は?

今の日本は、マジでクソ過ぎる。

クソのせいで、
全体がクソまみれになる。

役立たずの既存政党共に、
早急に引導を渡さなければいけない。

こんな体たらくじゃ、ダサ過ぎるぜ。なあ?

ページ上に戻る

inserted by FC2 system