都市開発、交通

・デザイン性のある建物を建築する

この日本人がスゴイらしい。で、
日本建築の特集をやっていたんだけど、
デザイン性のある建築物の重要性を改めて思い知った。

2001年1月に
宮城県仙台市にオープンしたせんだいメディアテークという
イベント施設や図書館を併せ持つ複合公共施設がある。

公共施設にしては
デザイン性高い建築物で、
俺もテレビで見て、
行ってみたいと自然に思った。

せんだいメディアテークの来場者は
公共施設では異例の年間100万人だ。

ちなみに、
仙台市民はおよそ100万人である。

どうせ、
建物つくるなら、
無難な無機質な建物を建築するよりも、
思わず行ってみたいと思うような、
訪れた人が、その建物に魅了されてしまうような、
その街に調和した建物を建築するべきだ。

そうする事で、
その建物自体が観光名所となる。

料理を食うにしても、
ただの器で食うよりも、
その料理に合った器で食った方が美味い。

それと同じ事だ。

奇をてらった建築物にする必要性は全くないが、
公共施設とか、
その街に合った、
思わずニコってなってしまうような素敵な建物にして、
街を活性化したい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system