都市開発、交通

・外国人の土地所有権を70年までにする

日本で土地を買えば、
土地の所有権は個人のものになるが、
中国では、
土地を購入しても
所有権は70年までしか認められていない。

70年過ぎると国のものになってしまう。

なので、
土地の所有権に期限がない日本の土地を
中国人が購入しようとするのだ。

中国では
土地は国家のものなのだ。

で、あるならば、
中国人が
日本の土地(外国の土地)を購入するのは自然な流れだ。

しかも、
今の日本の不動産には割安感がある。

上海の不動産は買っても高いし、借り手もいない。
投資する旨味がないという。
中国人がたくさんお金を持っていても、その使い道がないのだ。
その使い道のないチャイナマネーが
日本の土地に触手を伸ばしているのだ。
(参考:ミスターサンデー)

また、
中国では、
癒着や裏金などが酷く、
中国国内の表で使えないようなカネがたくさんあるらしい。
その使い道として日本などの海外があるようなのだ。

日本は対策として、
外国人が日本の土地を購入しても、
所有権が70年過ぎると日本に返還されるようにすればいい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system