都市開発、交通

・一極集中の都市計画をする

地方に均一的に
分散投資をするのではなく、
東京圏、大阪圏、名古屋圏などを集中的に投資し、
それに引っ張られる形で、
地方も活性化した方が、
俺は良いと思う。

そうすると、
大都市はさらに大都市となり、
土地も物価も人件費も上がる。

一時的に、
地方から都市への流入がすごく、
地方が閑散とするかもしれないが、
土地や物価、人件費などが安くなった地方に、企業等が入ってくる。

ただし、
この前提にあるのは、
消費税、法人税、住民税などの税や、
物価等、ある程度、自治体が自由に決める事が出来るという前提で、
成立する。

そうすれば、
最終的には、
大都市と地方の格差は今以上に広がるが、
日本全体としては成長すると俺は思う。

一般的に、
都市と地方では格差があるのは
資本主義で在る以上は当たり前で、
逆に、
格差が少ない方が異常だ。

地方は地方で、
都市に比べ自然が豊かであり、
賃金が低い分、物価や土地が安いなどのメリットがある。

都市で生きるのがいいか、
地方で生きるのがいいかは、
人が選択するべきだ。

誰しもが経済競争をしたいわけではない。

のんびり気ままに暮らしたい人も居る。

そういう意味で、
日本全国皆、一緒でなくていい。
格差があったっていい。
給料が低い分、物価とか、税金とかも低くすればいいだけ。
給料高くても、心の捉え方が貧しかったら意味が無い、っつうか、
そっちの方が害だと俺は思うぜ。

バラツキがあったほうが、
より色んなものを選びやすい。

何でもそうだけど、
メリハリを付けた方が良かったりする。

大都市に企業や人が集中すれば、
地方は相対的に土地が空いたり安くなったりする。

地方は独自に税制を設けて、
特区を作ったりして企業を誘致すればいい。

そういった変化が生じる事で、
日本にもシリコンバレーみたいなのが出来るかもしれない。

現状維持で、
皆一緒に手をつないで
行きましょうだと良いものは生まれない。

全国なるべく同じにしましょうだと、
差異が無いから、流れが作れない。

平地だと、水は動かないでしょ?
高低差があるから水が動くわけでしょ?

例えばだけどさ、
東京圏を世界一のハイテクシティみたいのにしちゃってさ、
日本中から人を集める。

地方は
人も居なくなって、
土地も空く、
安くなった土地を買いあさって大規模農業とかやってさ、
一大農業王国にしちゃって輸出して繁栄するとかね。

メリハリつけて
日本国内で極端な分業にしてしまうようなさ。

地方と大都市の均衡を保つのは大事だが、
格差を是正するために、
伸びている大都市を抑え付ける必要はむしろ害だ。

地方と大都市に格差はあるけれども、
伸びている大都市に少しずつ引っ張られる形で、
少しずつ地方も伸びて行くのが理想的であると思う。

差があって当然なんですから。
かけっこで、一等賞から六等賞まであるわけですよ。
それをね、
皆、平等で一位ですよ、ってしちゃうから、
世の中、歪んでくんです。

俺なんて、
小学生の時なんて、
5位とか6位ばっかで、
徒競争とか要らねえというか
運動会来るたびに、
最悪の気分だったですけども、
成長するにつれて身体が出来上がってきてさ、
高校の体育祭かなんかのクラス対抗リレーがあった時、走りたいってヤツが居なくて、
俺、お調子もんでなんとなく手をあげたら走者に決まっちゃって、
今まで足遅いってイメージしか俺自分に無かったけど、
おもっきり走ったら、相手を抜いちゃったりして、
以外に俺、けっこう走れんじゃん?って心の中で思った時は、感慨一入でしたからね。
かっこ悪いんで、あからさまに喜ばなかったですけど。
足が一番速いとかじゃないだろうけど、
それでも少なくとも5位6位で、嫌だなぁ、徒競争って思ってた頃よりは、
段違いに走力はあったと思います。

高校の体力テストでは
たぶん、学年で上からAクラスが1人で、Bクラスが3人で、
俺はBだったんですよ。
ってことは、
二位か三位か四位かはわかりませんが、
高校の体力テスト学年ベスト4って事じゃないですか。
俺、すげぇって思いましたよ。心の中で。
だって、子供のから体育の成績良くなかったのに、
ベスト4って、すごくねぇ?って思いましたもん。
これも自慢するのもダサいんで、
周りの奴には、あえて言ってませんけども、内心すげえ嬉しかったのを覚えています。

俺は本当にマジで真剣に体力テストやりましたけど、
回りは適当にやったってのも、あるかもしれないです。
それでも、
勉強しかできなかったような、もやしな男が、
ベスト4って、気持ちー!って思いましたわ。
努力するって気持ちいいって。
俺もやれば出来るんじゃん。って。

あんなダメだった俺が、
少しずつ成長して、ここまで来れるようになった、ってのが嬉しいんじゃないですか。
クラス対抗リレー走者に対して、別に僕は全然悔しくないと斜に構える程の、
どん底の差があったから、嬉しんじゃないですか。
自分の手でつかみ取ったから、嬉しいんじゃないですか。

逆上がり、みんな出来てて、
自分だけ出来なくて、
こんなの出来なくても人生困らないってやり過ごしてたのが、
出来るようになってたとかね。

それをさ、
他人がさ、平等にしてくれたって、嬉しくないわけじゃないですか。

人に補助してもらって、逆上がり出来ても、なんも嬉しくないし、
いらん事すな!って感じじゃないですか。

なるべく
みんな、一緒に平等にやるようにしましょう、ってなったら、
やる気も起きなくなりがちになると思うんです。

つらい経験、嬉しい経験が、
今後の人生に大いに役立っていけると思うんです。

差異がなく、
みんな、一緒だったら、
喜びも味わえないですし、つまんないじゃないですか。

全部が平等に伸びるってのは無理ですから。
大都市、地方、適材適所で良いところが伸びていけばいい。

ダメならダメで、それなりに利点もある。
それを無理に同じにしようと余計な力を加えるから、おかしくなる。
促したり、サポートは必要だけど、
あとは、そこの成り行き、自然、市場、裁量に委ねればいい。

(皇紀2670年11月21日作文)

ページ上に戻る

inserted by FC2 system