都市開発、交通

・公共バス等に公共車両優先システムを導入する

PTPS(公共車両優先システム)とは、
「Public Transportation Priority Systems」の略で、
公共車両を優先させるシステムです。

バス等に搭載された車載機からの通信情報を
道路に設置された光ビーコンで受信し、
バス等の進路上にある交通信号機に対し
青信号である時間を延長したり
赤信号である時間を短縮したり等の制御を行って、
バス等が青信号で通過しやすくしているシステムです。

その結果、
時刻表通りに、
バスが到着しやすくなり、
利用が快適になります。

全国的にこういった交通インフラを整えれば、
景気の刺激にもなりますし、
自家用車ではなく、
国民が公共車両を利用する事で、
環境への配慮にもなります。

先進国では
結構、一般的で、
日本でも、
1995年に札幌市で導入されて以来、
日本各地で順次導入されてきています。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system