都市開発、交通

・プラグインハイブリットカーを普及させる

排気ガス臭いの、俺、嫌なので、
将来的には
排気ガスを出さない車に
全てしようと思っていますが、
急には出来ないなら、
最低でも、
日本国内のすべての車を
プラグインハイブリットカーにできればなと。

プラグインハイブリットカー(PHV)とは、
家庭のコンセントから直接充電できる
ハイブリットカー(HV)の事である。

ハイブリットカーというのは、
基本、ガソリン車で、
電気モーターを併用して上手く使う事で、
効率的な走行を可能にさせるもので、
電気だけでは走れない。

電気自動車(EV)は、
電気だけで走る車の事だが、
デメリットとして、
充電施設のインフラが整っていない、
価格がまだ割高などがある。

ハイブリットカーと電気自動車のイイとこどりした車が、
プラグインハイブリットカーである。

プラグインハイブリットカーなら、
近場の移動は、
バッテリーが続く範囲内で電気自動車として使用して、
遠出や電気の充電などが出来ない場合は、
ハイブリットカーとしてガソリンで走行することが可能なのだ。

つまり、
ハイブリットカーと電気自動車のメリットデメリットを
合わせ、互いに補ったのが、
プラグインハイブリットカーである。

多少ハイブリットカーよりは割高だろうけども、
今よりも、増やして行けたらなと思います。

大きな道路や渋滞の中で深呼吸ができる社会にしたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system