政治、選挙、行政

・都道府県借金ランキングを公開し報奨を与える

どこの都道府県が
借金が多いのかをランキング形式で、
ネットなどで公開して、
借金を減らすように切磋琢磨、競争させる。

ただ、
借金を減らせって言っても、
モチベーションが上がらないだろうから、
借金を多く減らした自治体には、
報奨を与える。

例えば、
1位に3000億円、
2位に2500億円、
3位に1500億円、
4位に1000億円、
5位に500億円、
6位から20位までに、
1500億円分を順位順に上手く配分する。

下位のモチベーションを上げるために、
30位に300億円
40位に100億円とかがあってもいいし、特別にさ。

あとは、4
7都道府県全部に行き渡るように、
額を抑えて、
200億円とか
150億円とか
100億円とか、
少しずつ差をつけたり、とかね。

もちろん、無税ね。

これだけでも、
1兆円の予算で済む。
予算額が高すぎるなら低くしてもいい。

で、
金額ベースだと、
東京都なんて借金が15兆円あったり、
沖縄県なら6000億円と、
かなりの開きがあるので、
どのくらいのパーセンテージ減らしたかで、競いたい。

東京都だったら、
150億円減らしても、
0.1%しか減った事にならないけど、
沖縄県だったら、
2,5%削減した事になるのだ。

パーセンテージの方が公平感がある。

そうやって、
借金を減らしたらインセンティブがあるとなれば、
自治体も頑張りがいがある。

途中までランキングを公開してさ、
終盤は、
ランキングを非公開にする。
公開してしまえば、
最下位くらいの自治体なんてやる気が無くなって、
来年でいいやって、なりかねないからね。

仮に報奨金がもらえなくても、
借金が減る事自体、
良い事だしね。

この仕組みを使って、
地方自治体の効率化を促し、借金を減らしていく。

地方交付税交付金や国庫支出金を無くすべきだと、
俺は、他の項目で述べているので、
その財源を、
この予算に使ってもいい。

やっぱ、
ある程度、
インセンティブつけないと、
競争意識が生まれにくいからね。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system