社会、伝統、文化、外国人

・男尊女卑反対、女尊男卑反対、男女平等賛成

俺は
考え方的に、
男尊女卑も反対だし、女尊男卑も反対だ。

気持ちとして、
男女平等が常にある。

人類は皆、平等という基本的な考え方が
俺にはあるが、
実際には、
生まれてくる環境も違うし、
容姿や中身も違うし、
男と女は生物学的に、
その作りも違うのだから、
完璧な平等というのには無理があると思う。

では、
どういう意味で男女平等であるべきだと
俺は思っているかというと、
女は出産する。

その分、男が女を養う。

男が子供を産めるわけじゃないから、
それを補う形で平等にしていけばいい。

シンプルに言うと、こうなる。

相手との関係を考慮に入れて、
それを補うような形で行動する事で平等感が生まれる。

そういう事で平等を調整していけばいいと思う。


もちろん、
女性は出産もしたいし、
働きもしたいという場合は、
男性が育児やらで、
女性がやりやすいように、
サポートをするというスタイルだって、
お互いがそれで納得ずくならそれでもアリだと思う。

自分が出来る事で、
相手に出来ない事であれば、
自分が相手にしてあげて、
自分が出来ない事で、
相手に出来る事であれば、
相手にしてもらう事で、
男女平等的にしていけばいい。

何でもかんでも自分がやるという事で
平等化する必要はない。
男は子供産めないんだから。

一方で、
男だからできないとか
女だからできないとかの
偏見を持たないという当たり前の感覚も持ちあわす必要がある。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system