社会、伝統、文化、外国人

・移民1000万人受け入れに反対

日本が
少子化で労働力が少なくなり、
国力が低下するという事で、
労働力として、
外国人を受け入れようという考えがあるが、
俺は反対だ。

外国人を1000万人受け入れようと
本気で考えている輩がいるようなのだが、
安易な考えは日本という国を崩壊させる事になる。

まず、
労働力が足りなくなるという懸念があれば、
少子高齢化社会を何とかすればよいだけの話だ。

それに、
外国人を大量に日本が受け入れてしまえば、
日本らしさが無くなっていってしまう。

グローバル社会のボーダレス化の下に、
ただでさえ、
日本の特色が失われつつある中で、
外国人を受け入れて、
色んな国の人たちが
たくさん日本に住むようになれば、
日本という国のアイデンティティがグチャグチャになってくる。

日本人が住む日本という国は世界に一つしかない。

人種の多国籍化みたいな国にするのは、
他の国に任せておけばよい。

日本は日本らしく臨機応変に
対応して生きていけばよい。

仮に
たくさんの外国人を受け入れたとして、
その国の外国人が
日本全国に均等に散らばって、
日本社会に上手く適応してくれればいいけど、
普通はそうならない。

その国の人たちでコミュニティを作り、
生活していくようになり、日本の中に外国人街が形成されてくる。

その結果、
自国民と移民とで対立の構図が
生まれてしまう事はよくある話で、
世界的に見渡せば、そんな例はたくさんある。

また、
そういった大きな対立の構図が
生まれなかったとしても、
犯罪集団の温床になる可能性はある。

自ら、日本を危険に晒す必要はない。

すでに
数十年前から移民政策をとりいれてきたヨーロッパでは、
移民受け入れ政策は失敗だったという声が上がっている。

日本はこれに学ぶべきで、
移民を大量に受け入れるべきではない。

ゆえに、
安易な移民の受け入れには反対だ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system