社会、伝統、文化、外国人

・自己破産を禁止にする

自己破産を禁止にするかわりに、
利息をゼロにし、
返済期限の期日を設けないようにすればいい。

貸したカネが
自己破産でチャラになるような事はおかしい。

自己破産をしないと生活が苦しいようであれば、
利息をゼロにして、
返済期限を設けなければいい。

で、
生活に余裕ができて、
カネができたら少しずつ返せばいい。

カネができたのに、
返さない場合は、法で罰せられるようにする。

現状、多額の返せない借金がある場合、
自己破産をしないよりも、するメリットの方が多すぎる。

自己破産なんて、
しなくて済むのならしない方が良いに決まっている。

でも、
自己破産なんて制度があったら、
自己破産するに決まっている。

滅茶苦茶借金あったら、俺は絶対にするね。
非難されても知るか。ですよ。

ちなみにメリット、デメリットを挙げると、

メリット
・借金がゼロになる。
・今後、基本的に一切返済しなくていい
・必要最低限の財産を残す事ができる
(99万円以下の現金、時価20万円以下の財産等)
・収入に関係なく手続きができる

デメリット
・高額財産の処分
(99万円超過の現金、時価20万円超過の財産等の処分)
・信用情報機関(ブラックリスト)に登録される
・約7年間は新たな借金ができない
(約7年間、クレジットカードも作れない)
・手続き中、一定の職業に就く事が制限される
・官報、破産者名簿等に掲載される

などがあります。

借金帳消しになるにしては、
デメリットが優しすぎます。

しかも、
7年経てば、また自己破産する事も可能になる。

ただし、
自己破産した人間に、
お金を貸す人も希有なので、
借金する事すらできないと思うので、
実際のところ、自己破産は出来なくなるとは思いますが。

ま、
いずれにせよ、
借した側にとって、
これほど迷惑なものはありません。

自己破産するならするで、
せめて、
できるだけお金を返済しなきゃいけないみたいなのが、
あるべきだと思います。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system