社会、伝統、文化、外国人

・日本の人口ピラミッドを三角形型にしていく

高齢者福祉から子供福祉にシフトする

現代社会、
特に
日本の現代社会では、
高齢者に対する社会福祉を強化してきたように思える。

医療漬けというか、
その結果、
日本の平均寿命が高くなるのは、当たり前だとも思える。

人間は誰しも死ぬし、
死を不必要に先延ばすのは、
偽善的で、
時に、悪だとも思える。

現在、
高齢者に充てている医療等含めた社会福祉を、
出産、妊娠、子育てなどの子供のための社会福祉に充てるべきだ。

そうしないと、
国力が弱まってくると、俺は思う。

人口ピラミッドというグラフがあるだろう。

日本の人口ピラミッドは
キューピー人形型(壺型)なんて言われていたりするが、
俺が思う理想的な人口ピラミッドは三角形型だと思う。

若い人口ほど多く、高齢人口ほど少ないという、
自然摂理に基づいた人口ピラミッドである。

この富士山型(三角形型)の人口ピラミッドは
発展途上国に多く見られる。

発展途上国に多く見られるとあって、
俺も最初は、
日本は先進国なので、
三角形型じゃなくていいんだと、
無意識に思っていたし、
多分、そういうニュアンスで教育された。

だから、
日本の、
現状の壺型の人口ピラミッドは、
先進国に、みられる型なので、
そういうもんだと思っていたが、
俺は、
それに違和感を覚えうようになった。

悪気が
あって言うじゃないので、
つっかからないで欲しいけど、
やはり、
年老いた者よりも
若者の方が活気があるのは、間違いない。

若いヤツよりも高齢者の方が
元気である状態の方が、
自然の原理として、異常である。

常識的に考えたって、
労働人口である若い奴らがたくさん居た方が、
国としても強くなるでしょ。

もちろん高齢者にいつまでも元気で居て欲しいって思いはあるが、
若いヤツがたくさんいれば、いるからこそ、
高齢者を支える事ができてくるのだ。

俺は、
人間、誰もが長生きしてほしいとは思うけども、
それに執着し過ぎるのは、どうかとも、思う。

医療というものは、
怪我や病気を治すものであって、
不老不死にするためのものではない。

俺的には、
死ぬ人数よりも、
新たに産まれる人数が
若干、多いという状態が理想的であると思う。

だから、
日本の人口ピラミッドを三角形型にするべきだ。

綺麗な三角形にはならないだろうけど、
なるべく三角形になるよう、目指したいね。

やり方は色々あるだろうが、
例えば、

子育てや出産などを
全て無料にできるような形にする。

その財源は、
高齢者に充てている財源から引っ張ってくる。

高齢者イジメだとか言ってくる輩が居るだろうけど、
仮に、
これが実現する頃には、
俺、自らが高齢者になっているので、
決して自分のためにやっているわけではなく、
あくまで、
この日本という国のために
やっているという事だけは理解してほしい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system