社会、伝統、文化、外国人

・「受動喫煙、NO!」 タバコは屋内屋外問わず完全分煙にします

受動喫煙、NOです。

受動喫煙ゼロにします。

私は屋内屋外問わず完全分煙にします。

皇暦2677年(西暦2017年)の都議選で
受動喫煙が争点になるかも?という事で、
今回、新たに、書き下ろしてますが、
受動喫煙に関しては、
すでに4年前、千代田区に住んでいた時、
僕は千代田区議会に陳情し、受動喫煙撲滅を激しく訴えております。

陳情書にも書いてますが、
千代田区は路上喫煙できないようには、なっているのですが、
公園や屋外の私有地で、喫煙している現実があり、
路上では喫煙できないものですから、
喫煙者が、特定の場所、タバコを吸える場所に集まり、
集団で喫煙しているという状況がありました。

それが、僕んちの目の前で、皆さん、喫煙されてて、
タバコの煙が、こちらに来る訳です。

受動喫煙です。

喫煙者の人達を、
お巡りさんが注意したとしても、
私有地だから問題無いと、突っぱねる訳です。

千代田区に働きに来ている人も、
タバコ吸って、一服したい気持ちも分かりますが、
毎日、生活している住民にとっては、たまったもんではありません。

なので、これは、
屋内で、禁煙にすれば、解決するという問題では無く、
喫煙者のタバコの煙が、
タバコを吸わない人に対して、向かわないようにする必要があります。

それには、
屋内屋外にかかわらず、
完全分煙するような設備が必要であり、
それをきちんと作っていく必要があります。

条例を制定すれば、簡単な事だと僕は思います。

私もタバコを吸う気持ちが分かりますので、
タバコを吸うなとは申しません。

しかしながら、
煙草を吸う人も吸わない人も、
不快にならないために、
お互いが協力していくことが大事かと存じます。

僕からすれば、
タバコを外で吸うというのは、
立ちションより、圧倒的に害がある事だと思っています。

尿は、自然に還りますが、タバコの吸い殻は自然に還りません。
尿の臭いは、かなり近付かなければ、不快ではありませんが、
タバコの煙は、近付かなくても、不快に感じますし、
不快に感じるだけでなく、体にも実害があります。
路上喫煙というのは、
公衆の面前で立ちションをしているよりも、
迷惑な事だと、認識して欲しいと思っております。
(皇暦2677年5月13日筆)

他にも、いくつか色々と陳情してますが、
こういう事してますアピールをするために陳情してる訳ではないので、
今まで載せてきませんでしたが、
今回は、一応、参考までに、掲載しておきます。
こういうのも、やらないよりは、マシだと僕は思っています。
やっても意味はないかもしれない、
だけど、何もやらなければ、何も変わらない。
そう思いながら、日々、過ごしています。
一般市民でも、こういうやり方で、政治に関わる事が可能です。
まぁ、僕は、政治家になって、
世の中を変える事を主としていますので、
陳情は、片手間で、気が向いたらという形には、なっていますが、
僕が政治家目指さなかったら、もっとガンガン陳情していると思います。

皇暦2673年(西暦2013年)10月28日陳情
件名
千代田区内の公園や私有地等に対する喫煙対策の強化を求める陳情





皇暦2674年(西暦2014年)7月31日陳情
件名
路上から半径10メートル以内の私有地も条例で路上禁煙地区に指定するように求む陳情









 

ページ上に戻る

inserted by FC2 system