社会、伝統、文化、外国人

・国民皆武士道制度を導入し、皆が武道の有段者であるようにする

学校の体育の授業で、
柔道をやっているけど、
体育で習っている柔道や、
柔道そのもの自体、
武道というよりは、スポーツという面が強くなってきてしまっていると思う。

スポーツとしてのJUDOをやっていてもいいと思うが、
武道としての柔道も伝統として残すべきだ。

武道の試合というのは、
死合であると俺は思う。

本当に人を殺すとか
そういう試合をしろと言っているわけではないが、
実戦というか、
そういう事を想定してやらなければ意味がないと思う。

柔道だけでなく、
空手とか
合気道とか
剣道とか
弓道とか
居合いとか
色々あると思う。

やっぱり、
日本は
そういったものの本家なのだから、
後世に伝えていく義務があると思う。

外国人は日本に対して、
武士道の国みたいなイメージは持っていると思うし、
日本人ってのは皆、それなりに武道に携わっていると
思っている人もいるかもしれない。

スポーツとは別に、
日本国民に改めて
武士道精神を根付かせる事によって、
精神的にも肉体的にも
たくましい日本国民を創出する事ができる。

結果として、
国全体が
強くなるというか、
良い方向に行くとも思う。

日本精神っていうのは、
武道に端を発する部分は少なからずあると思う。

ただ、
現状、そういったものは廃れてきていると思う。

というのは、
日本の武道は
スポーツ化しており、
武道にあって
武道にあらずとなっているからだ。

言うまでもなく、
武道はスポーツではない。

近代化にあたり、
武道をスポーツ化してきたわけではあるが、
第二次世界大戦以後、
牙を抜かれた日本において、
その流れは徐々に顕著となっていった。

もちろん、
スポーツとしての
武道はあっていいと思う。

それと同時に、
武道としての武道があってもいいと思う。

死をも想定した武道である。

実際に
殺すというよりも、
そういう気持ちで相対するという意味だ。

現状、
そういう取り組みが行うようになれば、
危険だ、野蛮だという輩が絶対に居るだろう。

そんな事を言うとるから、日本がダメになるのだ。

武道を通して、
技術だけでなく、
精神、礼儀などそういったものを
日本国民に広く学んでほしいという事なのだ。

実戦を想定して、武道を習う。

普段は
そういう力をひけらかす事はせず、
何か大事があった時に、その力(武力、精神力)を使う。

それでいいじゃないか。

例えば、
学校で
そういった武道を全員に習わせる。

そうなれば、
イジメは間違いなく減少するだろう。

何故なら
いじめられる側も武道を嗜んでおり、
いじめる側にも被害が及ぶからだ。

仮に、
複数の人間に
ボコられるような事があっても、
やられる側は、
武道の精神というか、
仮に死んでしまうとしても、
何人か道連れにしてやろうという精神で、
立ち向かうので、くだらない安易なイジメはまず、無くなる。

それでも集団で襲われて、
自分の正義を貫いたのであれば、
それもまた、本望ではないかと俺は思う。

今の日本国民に
そういう気概がないから、
事なかれ主義というか、
なあなあにしてしまい、
諸外国とのやりとりもまともにできないのだ。

別に玉砕しろー!って言ってるわけじゃないけど、
自分が正しいと思う事をして、
相手との妥協点を図り、
それでも理不尽な要求をされるようであれば、
最後は毅然とした態度で立ち向かうべきだ。

そこまできて初めて、
相手が折れるかもしれないし、
仮に折れなかったとしても、
奴隷になって
卑屈な人生を過ごすよりもマシだと、
俺は思う。

そういった武士道的精神を修める事こそに、
古来の武士道を復興させる意義がある。

世界的に
スポーツ化、制度化される武道であるが、
武士道発祥の地である日本には、
その精神、伝統を引き継がれていかれるべきである。

国民一人一人全てが
何かしらの武道の有段者という状態にしたい。

つまり、
国民皆武士道制度を導入したい。

空手でも、
柔道でも、
合気道でも、
剣道でも、
弓道でも、
なんでも、
武道であれば何でもいい。

これから成長する子供達を対象に、
つまり、
学生の間に、
何か一つを選択して、
大人になるまでに有段者になるという制度だ。

不得手な者でも、
十数年もかけてコツコツやれば、初段くらいは取れるであろう。

仮に取れなかったとしても、
それまでの努力は無駄ではないし、
肉体的にも精神的にも良い事だし、護身のためにもなる。

外国人と接した時に、
今の日本人には、
武道なんて全く出来ないなんて思われたら、恥ずかしい。

別に、
武道の先生に成るわけではないが、
大人になるまでに、
何かしらの武道の有段者に成れているというシステムがあっても、
それは良い事であったとしても決して悪い事ではない。

心身ともに強くなる事は、
その後の人生にも大いに役に立つと思う。

武道としての武道と、
スポーツとしての武道を別々に考え、
それぞれ発展させていく。

そして、
日本人として、
国民一人ひとりが皆、
何かしらの武道の有段者になるという、
国民皆武士道制度を取り入れて、
日本人の魂みたいなもんを再興させていきたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system