社会、伝統、文化、外国人

・作家エージェントを日本に浸透させる

知恵蔵2013の解説よると、

作家に代わって
出版社との出版交渉や原稿料・印税率の交渉を請け負う代理人。
欧米の出版界では、
作家にとって必要不可欠の存在とされるほど定着しているが、
日本ではなじみが薄く、近年脚光を浴びてきた。

と、記載されている。

(以下、2013年05月11日放送 週刊ニュース深読みより)




ページ上に戻る

inserted by FC2 system