社会、伝統、文化、外国人

・いわゆる在日特権を完全に無くす

いわゆる在日特権を廃止する。

在日特権とは、
韓国併合から第2次世界大戦前後の社会事情を配慮して、
日本に住んでいる韓国人・朝鮮人に対しての優遇の事だ。

自分が日本人として、
生活している限りでは、
在日特権などがあるなんて事は、
全く実感できないのだが、
どうやら
そういった在日特権なるものが存在するらしい。

特定の国に対してだけ、
そういった優遇を施すのは健全でないし、
仮に、
時代背景を考慮して、
一時的に、
優遇措置を与えたとしても、
第二次世界大戦後、
60年以上が過ぎた今日では、
そういった優遇は不必要だと俺は思う。

ちなみに、
どういった配慮があるかを調べてみた。

掛け金を払って国民年金を受給している日本人よりも、
多い金額を生活保護として受給している在日韓国朝鮮人も居るらしい。

もっとも、
それは在日韓国朝鮮人だけじゃなく、
日本人も居るだろうけど、
そもそも、
在日韓国朝鮮人がどうこうという問題じゃなくて、
単純な話、
生活保護をしてもらわないと生きていけない外国人は帰国するべきだと思う。

なぜ、
日本が外国人を養わなくてはいけないのであろう。

在日韓国朝鮮人の方々の中には
今さら本国に帰れないって人もいるのかもしれないけど、
日本からすれば、
そんなの知らんがなって話で、
なんで日本が
未来永劫ずっと面倒を見なければいけないのであろう。

この先もずっと日本人が養って行かなければならないのであろうか。

一時的な救済措置としてならわかるが、慢性的に期待されても困る。

日本で生きていくなら、
日本の仕来たりに遵守し、
必死で頑張ってもらわないと困るし、
日本政府がどうこうするとかじゃなくて、
自分の国の政府になんとかしてほしいと訴えるべきである。

日本人は必死になって頑張ってるのに、
なんで、外国人の生活を保護しなきゃならんのだ。

在日外国人の通名の問題もある。

ここで言う通名というのは、
韓国朝鮮風の本名と、
日本風の通名を両方持っているという事であり、
在日外国人が犯罪を犯した際に、
日本風通名で報道される事もあり、
あたかも日本人が犯罪を犯したように思わせてしまう。

また、
通名を使って架空口座を作ったり、脱税がしやすくなるという問題もある。

そこらへんを何らかの形で対処する必要はあると思う。

三重県伊賀市などで、
1960年代後半から
在日韓国・朝鮮人の住民税を
半額程度に減免していた事があったり、
北朝鮮と繋がりがあると言われる
在日本朝鮮人総聯合会施設および関連施設に対し、
固定資産税の全額免除
もしくは一部免除などが行われていたり、
在日韓国人のための組織である在日本大韓民国民団にも、
地方自治体から課税免除などが与えられている。

このような在日韓国朝鮮人に対しての
税金面での優遇をしても、
日本にとって全く、国益にならないし、日本がそうする必要性も全くない。

在日特権というのは、
ネットで調べれば、
挙げればきりがないほど出てきます。

その信憑性を調べるのには、
個人では限界があるので、
全てを鵜呑みにする事はできませんが、
もし、
それらの特権が実際に存在するのであれば、確実に無くすべきです。

日本に住んでいる韓国朝鮮人は、
他の外国人と同じように扱うべきだと思います。

日本の永住許可を申請するためには、
・素行が善良であること
・独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
・その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
となっており、
これと照らし合わせれば、
在日外国人が生活保護を受け取っている事自体おかしいし、
日本の国益にならないような在日外国人が居るのだとすれば、
日本に住む資格さえないとわかる。

日本で犯罪を犯した在日外国人がいたら、
なに人であろうと国籍に関係なく即刻、国外に追放すべきだと思う。

一部の在日韓国朝鮮人方々は、
韓国籍や北朝鮮籍を有したまま、
日本で
日本人と同等の不自由のない生活、権利を得ようとする傾向にあるみたいだけど、
日本人の国である日本が、
なぜ、
特定の国に対して、そこまで配慮しなければならないのかと、理解に苦しむ。

行き過ぎれば、
自虐的な日本人による、日本人差別に他ならない。

センター試験の外国語のテストに、
1997年から中国語、
2002年からは韓国語が導入された。

中国の人口規模、
これからの経済発展を考えれば、
まだ、中国語を導入するのは、わかる。

しかし、
言語人口などや
これからの経済発展を考えて、
スペイン語やポルトガル語やロシア語を差し置いて、
言語人口が7000万人程度で、
経済規模も日本より小さい、韓国語をなぜ導入するのか、疑問を感じる。

これは在日朝鮮人に対する在日特権と言っても等しい。

日本人は、外国語の英語を学習して試験を受けるわけだが、
在日朝鮮人は、外国語の英語の試験を受ける代わりに
日常使用している母国語の韓国語で試験を受ける事が可能になるわけで、
在日朝鮮人の方が必然的に高得点を取りやすくなる。
これは大学進学で在日朝鮮人に優遇措置を与えているのと一緒である。
よくよく考えてみれば、おかしい事ではあるが、
このような日本人に対する逆差別に気付いている人は多くないだろう。

つい最近のニュースではあるが、
兵庫県尼崎市在住の韓国人男性が、
タイで養子縁組した554人の分の子供手当、
年額8642万4000円を申請したそうだ。

当然、
受理されなかったのだが、あきれてものも言えない。

この受理した男が頭が悪くて助かったが、
利口なやつであれば、
養子縁組した人数を3人とかにして、
年額468000円をもらえたかもしれない。

もしかしたら、
すでにそういう事をしている輩も居て、
上限は何人くらいまでいけるかを試したツワモノだったのかもしれない。
この韓国人男性は。

今回は、
韓国人男性という報道がされたが、
これが日本人男性という報道だったら、
受け取り方は人それぞれだけど、感じ方は変わってくる。

在日朝鮮人が通名を使わなければ、朝鮮人は非難されるが、
在日朝鮮人が通名を使い、日本人風に装ってしまえば、朝鮮人は何も非難されない。
通名は、在日朝鮮人犯罪の隠れ蓑となってしまっている。
これが在日特権と言わないで、なんと言おうか。

生活保護にしろ、
子供手当にしろ、言ったもん勝ちになるような社会は健全ではない。

ましてや
昨今の日本人は、
えせヒューマニストが多い気がするから、
外国人弱者という点で押されれば、
その感情を考慮に入れてしまうかもしれない。

外国人が日本に住むのであれば、
白人だろうが、黒人だろうが、モンゴロイドだろうが、
日本の仕来たりに沿って、生活するべきだし、
一部特定の国に対してだけ優遇をする必要は全くない。
全ての国に対して平等に扱うべきだ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system