食、第一次産業、環境

・一家一農制を導入する

一家一農制度というのは、
ざっくり言うと、
皆さん、家庭農園やりましょうって制度だ。

庭でもベランダでもどこでもいいから、
やりましょう、と。

今は
土で無くても
農作物を作る事も可能だからね。

種とか栽培セット的なのは、
毎年、
一人一回までとかだけど、
行政が無料で配布する。

それで、
食料自給率を上げようって制度だ。

本当は
農業を大規模化した方が
効率的に良いんだけどさ、
日本は
平坦で広い土地ってのを
中々確保できないだろうからさ、
アメリカとか中国とかと比べたらね。
土地無いから、
棚田とかがあるわけじゃん。

だから、
日本人の勤勉性と
日本の国土を考えたら、
大規模農業出来ないような土地で
一人ひとりが農業、
まぁ家庭菜園的なものをやるべきだと、俺は思う。

そっちの方が、
日本にはかえって、いい気がする。

大都会とかで
がっつりやるのは無理だろうけど、
ベランダとか屋上でもできるしさ、
商売として考えていないから、
無農薬で
気軽に出来るしね。

そういうのを自分で作ると楽しいし、
食べるだけでなく、
商売でやるわけじゃないから気晴らしとか癒しとか趣味感覚でも出来るわけで、
また、その作物を作るという意識も知らず知らずに芽生えてきて、
食に対する有難味も出てくると思うからね。

あ、
農家と同じ量の農薬を使って、
あえてやらせるってのも、
アリかもね。

それで、
無農薬と比較してさ。

農薬ってこんだけしか使わないんだって思う人もいれば、
農薬ってこんなに使ってるんだ、
それを俺らは食べているんだ、
って思う人もいるかもしれない。

自分がさ、
直接やってみる事で、
そういうのがわかってくるんだからさ、
やってみるのも面白いと思う。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system