食、第一次産業、環境

・合成界面活性剤などの使用をなるべく抑制する

洗剤とか、
普通によく使われますけども、
まず
界面活性剤の説明をしようと思いますが、
界面活性剤には、
自然界に存在する天然のものと、
人間が人工的に作り出したものの二つがあります。

前者の
天然の界面活性剤は、
純石鹸の成分である、
脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムのみとなっています。

後者は
天然の界面活性剤以外の界面活性剤の事で、
これを合成界面活性剤と言います。

界面活性剤の事を
簡単に説明すると、
水と油をを混ぜ合わせる性質があり、
その性質を利用すると
洗浄に大きな力を発揮するのです。

まあ、
俺も、よくわからないけども、
つまり、
界面活性剤には、
洗浄力があるという事です。

それが、
天然か合成なのかのと分かれるわけです。

界面活性剤の性質を利用した製品として、
シャンプーやリンス、トリートメント、
クレンジング、歯磨き粉、家庭用洗剤、
などがあります。

合成界面活性剤には、
他に、
口紅や頭髪剤、化粧品、消臭剤、食品などにも、
使用されております。

市販されているシャンプーや洗剤、化粧品は
ほとんど合成界面活性剤を利用しています。

固形石鹸ですら、
合成界面活性剤を使った物も多く、
化学添加物を使用せず、
脂肪酸ナトリウム、
脂肪酸カリウムを使った、
無添加の純石鹸のみが、
天然の界面活性剤作用を持ちます。

で、
どうして私が、
合成界面活性剤の使用を禁止すべきかと申すのは、
合成界面活性剤には、
人間や自然環境に害があるからです。

具体的に、
合成界面活性剤の影響と思われる毒性として、
たんぱく質の破壊、
アトピーやかぶれなどの皮膚障害、
発がん性作用がある、
肝臓障害、
胎児への影響、
などが挙げられます。

さらに、
合成界面活性剤の毒性は、
強い浸透性と残留性を持ちあわせています。

経皮毒と
言われたりしますが、
シャンプーや洗顔、衣類から皮膚を通して、
合成界面活性剤の毒性が体内に入り、
その体内に入った毒性は、
完全に排出せずに、
体内に残ったりします。

合成界面活性剤の毒性は、
肝臓で分解する事ができないので、
体内に蓄積されていきます。

つまり、
界面活性剤の毒性は、
簡単に
体内に浸透するのですが、
その一方で、
体外に排出されにくいという事です。

人間に対してでも、
これだけの毒性がありますから、
自然環境にとっても、
合成界面活性剤は、良くありません。

合成洗剤の廃液が流れ込んだ川や湖や海では、
微生物を始めとした生物が、死にます。

同じ量の純石鹸水と合成洗剤を入れた水槽で、
天然の界面活性剤の純石鹸水を入れた方の魚は生きていますが、
合成界面活性剤の合成洗剤を入れた方の魚は
死んでしまうという、実験もありました。

これほどの危険性があるのに、
国民の多くはこういった現実を知らず、
もしくは知ったとしても、
どうにもならず、
CMなどの広告に引き寄せられて、
大手メーカーだから安心だろうと、
結果的に、
普通に合成界面活性剤を利用してしまっています。

ただ、
合成界面活性剤の代用品はあります。

洗剤などは、
天然の界面活性剤を使う事はできますし、
食品でも、
乳化剤無添加のマヨネーズや、
アイスクリーム、チョコレートなども
販売されております。

にもかかわらず、
世の中に
合成界面活性剤が
蔓延しているのには、訳があります。

合成界面活性剤は、
製造コストが安く
大量生産できるので、
利益を上げる事が容易なのです。

現代社会に、
石油は欠かせません。

石油化学産業を
有効的に活用する上で、
企業にとって、
合成界面活性剤はサイドメニューとして、
重要な商品となっているのでしょう。

だから、
国の規制内で、
バンバン合成界面活性剤を使用します。

資本主義社会ですから、
経済性を追求するのは
致し方ない事ではあるとは思います。

ただ、
だからと言って、
合成界面活性剤を使い続けるのも
どうかと思います。

民放のCMなどを見ると、
洗剤などのCMは多いです。

だから、
スポンサーを気にして、
テレビのニュースでは報道しにくいですし、
それに伴って、
政治家も
合成界面活性剤に
反対なども言いにくいのです。

合成洗剤の発達の背景には、
戦争の時に、
純石鹸の材料である脂肪酸が、
爆薬の材料にもなるので、
多くの爆薬を作るために、
脂肪酸以外のもので
洗剤を作ろうという事になりました。

それが合成洗剤です。

その後の、
石油化学工業の発展と相まって、
合成洗剤は普及していきました。

当初、
合成洗剤の有害性は
意識してなかったでしょうし、
なんとなく有害性を意識してからは、
国やメーカーも
それなりに対応はしているのかもしれませんが、
十分ではないと思います。

タバコなんて
今ではパッケージに大きく有害性を記載していますし、
国や社会的にも禁煙ブームみたいになっていますが、
合成界面活性剤については、
毒性の可能性があるのにもかかわらず、
パッケージに大々的な記載もしていませんし、
国や社会を挙げて、
「毒性があるかもしれませんが、使用については各個人で責任を持ってください」
みたいな事にはなっていません。

だって、
そんな事をすれば、
製品の売り上げに
響くかもしれないからです。

俺は、
合成界面活性剤の使用は、
日本国内では
使用を可能な限り抑制するべきだと思うし、
少なくとも、
商品等に、
合成界面活性剤の毒性の可能性を
大きく記載すべきだと思います。

仮に、
例えば、
日本国内で、
合成界面活性剤の使用を禁止すれば、
日本国内に住む人の身体にとっては、
今よりも安全になり、
国内の自然環境、生態系も回復するでしょう。

メーカーとしては、
国内向けに、
天然の界面活性剤を使用した商品が競争原理で続々と開発され、
合成界面活性剤の使用OKな海外で、
現状の商品などを輸出したり、
国内、海外と並立させて、メーカーは何とか切り抜けるでしょう。

そして、
いずれは、
世界で合成界面活性剤の使用は禁止になる事もあるかもしれませんし、
そうなれば、
日本は、そのリーディング゙カントリーとなる事ができます。

本当は、
世界で
一気に、
合成界面活性剤を禁止にしたいですけど、
日本には、
そんな力がありませんので、
とりあえず、
日本国内から
何とか出来ればなあなんて思います。

合成界面活性剤の代用となるものがなく、
合成界面活性剤を使用しなければならないものは、
例外的に、
合成界面活性剤の使用を認める措置もアリだと思います。

界面活性剤入り中性洗剤を花瓶の中に入れると、
界面活性剤の作用により水揚げを促進しますし、
中性洗剤が水を腐りにくくして花が長持ちするみたいな、
生活の知恵なんてのもあります。

界面活性剤は
使い方によっては
人間にとって便利なものになりますから、
界面活性剤を全面的に否定するわけではないですが、
できるなら、
人体に直接係わるような事に
不必要に使うべきでは、ないと思います。

ここで挙げた、
合成界面活性剤の有害性は、
確実なものかどうかは、
正直、定かではありませんが、
危険性は全くゼロという事はないと思います。

って事で、
可能な限り、
合成界面活性剤の使用を控えたいなと思います。



追記

皇紀2675年(西暦2015年)5月29日放送の脱力タイムズで、
ベンジャミン・フルフォードさんが、
世界においても日本においても、
人口削減のために日用品に避妊剤を意図的に入れているという事を仰っていました。
近年の少子化や草食男子の増加に関係しているようです。
これは、かなり前の政策のようで、最近は幾分マシになってきているそうですが。

ま、しかし、これが事実なら、本当に恐ろしい話です。

ま、これが事実で無かったとしても、
単純に僕は、
不必要な添加物は体に必要無いので、
添加物は可能な限り、摂取したくないです。

それに、
僕の推測ですけど、
アレルギーとか花粉症とか、
近年、多くなってきている病気の類は、
近代になって生まれてきた化学物質が原因の一つだと思っています。

ちなみにですが、
僕は、精子の量や質を病院で調べた事があるのですが、
普通の人の平均よりも悪かったです。

この結果は、
僕の先天的なものなのか後天的なものなのかは定かではありませんが、
生まれつきだとしたら、考えても、しょうがないですけども、
後天的なものだとして何故だろうと考えれば、
化学物質ってのが、パッと思いつきます。

まぁしかし、
じゃあ化学物質を摂取したら、絶対そうなるかと言えば、
皆が皆、そうなっていない訳ですから、なんとも言えません。

また、化学物質によって、
精子に影響があるのか、それとも性欲が低下するのか、
精神面に影響があるのか、
または女性の身体に影響があるのか、
そういったものは、緻密な調査研究していかないと判明できません。

いずれにしても、
私は、なるべく、人工的な、化学物質の摂取は控えたいと思っています。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system